自分に合うADVを探せ! 抜群のツアラー性能を誇り、日本の道にもマッチするKTM「790アドベンチャー」

2003年に登場した640アドベンチャー(エンジンはOHC水冷単気筒)。
KTM790アドベンチャー。
KTM790アドベンチャー(左)とその兄弟車の390(右)、1290スーパーアドベンチャーS(中央)。
エンジン左右を覆うようにレイアウトされた燃料タンクは容量20L。低重心、低シート高にも大きく貢献している。
ホイール径は前21、後ろ18インチ。装着タイヤはエイボン トレイルライダー。
5インチTFTディスプレイは、ABS設定やライドモードなど各種電子制御機構の設定も表示できる。
スクリーンは小型ながら、取り付け位置が高いため防風効果は見た目以上。
KTM790アドベンチャーならワインディングも気持ちよく走ることができる。
未舗装路を走るKTM790アドベンチャー。
KTM790アドベンチャー(中央)とその兄弟車の390(左)、1290スーパーアドベンチャーS(右)。
KTM790アドベンチャー(左)とその兄弟車の390(中央)、1290スーパーアドベンチャーS(右)。
KTM390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM790アドベンチャー。
KTM390アドベンチャー。
KTM1290スーパーアドベンチャーS。
この画像の記事ページへ
  1. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  2. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  3. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  4. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  5. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  6. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

  1. アライのフルフェイスヘルメット、アストロGXの新グラフィックモデル”スパイン”が登場
  2. アライのオープンフェイスヘルメット、VZ-RAMに中上貴晶レプリカデザインモデルが登場
  3. 人気の軽二輪スポーツ、YZF-R25が斬新な”紫”のカラーを採用して登場
PAGE TOP