自分に合うADVを探せ! 抜群のツアラー性能を誇り、日本の道にもマッチするKTM「790アドベンチャー」

2003年に登場した640アドベンチャー(エンジンはOHC水冷単気筒)。
KTM790アドベンチャー。
KTM790アドベンチャー(左)とその兄弟車の390(右)、1290スーパーアドベンチャーS(中央)。
エンジン左右を覆うようにレイアウトされた燃料タンクは容量20L。低重心、低シート高にも大きく貢献している。
ホイール径は前21、後ろ18インチ。装着タイヤはエイボン トレイルライダー。
5インチTFTディスプレイは、ABS設定やライドモードなど各種電子制御機構の設定も表示できる。
スクリーンは小型ながら、取り付け位置が高いため防風効果は見た目以上。
KTM790アドベンチャーならワインディングも気持ちよく走ることができる。
未舗装路を走るKTM790アドベンチャー。
KTM790アドベンチャー(中央)とその兄弟車の390(左)、1290スーパーアドベンチャーS(右)。
KTM790アドベンチャー(左)とその兄弟車の390(中央)、1290スーパーアドベンチャーS(右)。
KTM390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM790アドベンチャー。
KTM390アドベンチャー。
KTM1290スーパーアドベンチャーS。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. キャンプの白米はどう炊くのが一番ウマい?「クッカー、メスティン、飯ごう、炊飯用クッカーを比較!!」
  2. 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第42話:バイクの「P」ポジションって何のためにあるの?【隔週連載】
  3. ホンダ スティード再考「ゼファーと並ぶ90年代・脱ハイスペック系の名車ではないか」説 スティード 400 ホンダ 1988
PAGE TOP