【ニンジャZX-25R VS バリオスII】30年分の進化から、最新カワサキ250cc4気筒の特性に迫る

2020年式ニンジャZX-25R(左)、2007年式バリオスII
カワサキ ニンジャZX-25R。試乗車は上級仕様の「SE」
カワサキ ニンジャZX-25R。試乗車は上級仕様の「SE」
ニンジャZX-25Rのエンジン。最高出力は45馬力(ラムエア加圧時は46馬力)
ニンジャZX-25R SEのコックピットまわり
ニンジャZX-25R のメーター。回転計のレッドゾーンは1万7000rpmから
パワーモード、トラクションコントロールを備え、左スイッチボックスでモード変更を行う
マスの集中化、低重心化をねらったコンパクトなニンジャZX-25Rのサイレンサー
上級仕様「SE」にはアップ、ダウン両対応のクイックシフターが標準装備
カワサキ バリオスII(2007年式)
カワサキ バリオスII(2007年式)
バリオスIIのエンジン。水冷なのでフィンはダミー。最高出力は40馬力
バリオスIIのメーター。回転計のレッドゾーンは1万7000rpmから
ネイキッドモデルらしく存在感あるバリオスIIのエキゾーストパイプ
バリオスIIの燃料供給方式はキャブレター
「バリオス」とはギリシャ神話に登場する不老不死の馬の名から
バリオスIIのコックピットまわり。メーターはオーソドックスな二眼式
バリオスIIのサイレンサー。バリオスがモノショックなのに対し、ツインショックなのがバリオスII
カワサキ バリオスII(2007年式)
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. ライダーズ神社を新たな観光資源に! 千葉をバイクで旅するイベント「チバイク」とは? 主催者や参加者の声を聞いた
  2. 今日のバイカー1ショット「春のカラーコーデ編」
  3. 「V型12気筒と並ぶ、理想のエンジン形式」並列6気筒はなぜバイクで主流とならなかったのか
PAGE TOP