ホンダVT250Fは「打倒2スト」を目指した250スーパースポーツだった【250の名車・ホンダVT系の歴史 前編】

1982年登場の初代VT250F
1982年登場の初代VT250F
諸ダウVT250Fはスチール製の「サイドパイプ式ダブルクレードルフレーム」を採用
フロントブレーキはインボードディスク、リヤサスペンションはプロリンク式のモノショックを採用
初代VT250Fのエンジン。水冷4サイクル90度V型2気筒DOHC4バルブのエンジンは、1万1000回転で最高出力35馬力を発揮
初代VT250Fのメーター。回転計のレッドゾーンは1万2500回転から
1982年登場の初代VT250F。当時の新車価格は39万9000円
アンダーカウル、サイドカウルなどオプションパーツを装着した初代VT250F
1983年登場のフルカウル版、VT250Fインテグラ。当時の新車価格は45万円
1984年に登場した2代目VT250F。最高出力は35馬力→40馬力へとパワーアップ
2代目VT250F。フレーム、リヤサスペンション、ホイールは新設計となったほか、インボードディスクブレーキの形状も新デザインに
2代目VT250F。1984年当時の新車価格は44万9000円
1984年登場のVT250Z。当時の新車価格は42万9000円
シリーズ累計生産10万台と3年連続トップセールスを記念し、1985年に発売された特別仕様車「VT250F(限定車)」
シリーズ累計生産10万台と3年連続トップセールスを記念し、1985年に発売された特別仕様車「VT250Fインテグラ(ウイングスペシャル)」
1986年に登場した3代目VT250F。エンジンの改良のほか、フレームは新設計に。アンダーカウルが標準装備されるようになった
3代目VT250F。1986年当時の新車価格は47万9000円
3代目VT250F「パールカラー仕様」
3代目VT250F「スペシャルエディション」
3代目VT250F「ダブルディスク仕様」
3代目VT250F「ダブルディスク仕様」
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. BMW R18

おすすめ記事

  1. 青山剛昌先生は乗り物好き!? 『名探偵コナン』に登場するバイクがすごいリアルなので、モチーフ車を探してみた
  2. 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第18話:カラダが自慢!! ホーネット君【隔週連載】
  3. 【試乗速報!】BMW史上最大の排気量、1802ccのクルーザー「R18」は巨体に見合わぬ走りが楽しめる BMW R18
PAGE TOP