007シリーズ最新作公開! ジェームズ・ボンドにまつわるバイク&クルマのハナシ(サイドカーもあるよ)

『007 / ゴールドフィンガー』以降、ボンドカーとして登場するアストン・マーティンDB5(Photo / Aston Martin)
アストン・マーティンDB5(Photo / Aston Martin)
ショーン・コネリーとボンドカーDB5(Photo / Aston Martin)
『007 / ゴールドフィンガー』撮影中の様子。(Photo / Aston Martin)
『007 / サンダーボール作戦』に登場したBSA A65 Lightning。ロケットランチャーなどが装備されている
BSA A65 Lightning
『007は二度死ぬ』に登場したオープン仕様の2000GT(Photo / TOYOTA)
『007 / 私を愛したスパイ』に登場したロータス エスプリ(Photo / LOTUS)
『007 / ユア・アイズ・オンリー』に登場したヤマハ XT500(写真は1979年モデル)
『007 / トゥモロー・ネバー・ダイ』 に登場したBMW R1200Cクルーザー
『ロシアより愛をこめて』の名を冠したサイドカー「ウラルFRWL」
「ウラルFRWL」は世界で限定35台の生産
「ウラルFRWL」の日本割り当て分は7台だったが(価格は240万円〜)既に完売
「ウラルFRWL」のシートは、バイク側、カー側ともにステッチが入る
「ウラルFRWL」カー側のダッシュボード。EJECT=脱出と書かれた謎のボタンが設置されている
「ウラルFRWL」カー側のダッシュボードにある時計。ロシア…というか旧ソ連らしい無骨なデザイン
クロームメッキパーツを多用した仕上げもFRWLならではの特徴
35台それぞれには、ロシアの女性諜報員(っぽい)名前が付けられている
最新作『007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ』にトライアンフ スクランブラー1200が登場することを記念して限定モデルが登場
世界限定250台で、日本割り当て分は20台(価格は259万円)となる限定モデル、トライアンフ スクランブラー1200ボンドエディション
マフラーのヒートガード、サイドカバーなどには「007」の刻印が施されるスクランブラー1200ボンドエディション
この画像の記事ページへ
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

ピックアップ記事

  1. スズキ コレダTT250 1956年