超ド派手だった!「上野バイク街」時代から考察するイマドキのバイクウエア超進化論

このクマがホンダのプライベートオフロードチーム「ファクトリーベア」のイメージキャラクター。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアを着てみた筆者。なかなか攻めたスタイルになった。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアの裏地部分。メッシュが使われている。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアの袖口部分。リブ形状になっている。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアの前身頃部分。ファスナー部はダブルフラップ構造になっている。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアの襟口部分。ファスナーを上まで閉めて立て襟にできる。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアの表地。光沢がある。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアの背面。ファクトリーベアの顔が大きくプリントされている。
80年代製の「ファクトリーベア」ウエアのタグ。新品未使用品だったので付いていた。当時の販売価格は13800円だったようだ。
ゴールドウインモーターサイクル初のライデイングウエアだったGSM0101。
1987年のゴールドウインモーターサイクルのカタログ表紙
1988年に発売されたGSM0129。プロテクターを内蔵できる画期的なライディングウエアだった。
1989年のゴールドウインモーターサイクルのカタログ表紙。
1986年に販売されていたゴールドウインモーターサイクルのカタログの1ページ。カラフルな上が目を引く。
1986年のゴールドウインモーターサイクルのカタログ表紙。
ゴールドウインモーターサイクルの2020年のコレクションの一例。
ゴールドウインモーターサイクルのロゴマーク。
ゴールドウインモーターサイクルの2020年のコレクションの一例。
ウエアの背面に大きくプリントされた「ファクトリーベア」の顔。
ウエアにたくさんプリントされた「ファクトリーベア」。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 【実食レポ!】北海道生まれの「ライダー麺」はネタ商品じゃなかった!! パッケージも凄いが、麺のコシが超凄い!!
  2. 静岡県浜松市に12月7日から「カタナ駅」誕生! スズキが天竜浜名湖鉄道のネーミングライツに契約
  3. 「泥はね運転違反」をご存知か? クルマやバイクで歩行者に水しぶきや雪をかけると道交法違反になるのだ!
PAGE TOP