【試乗レポート】KTM 890デュークR「ネイキッドでありながら、サーキットではスーパースポーツ的な走りも可能!」

KTM・890デュークR
KTM・890デュークR
121馬力を発揮する890cc並列2気筒エンジン
フロントブレーキは320mmダブルディスク&ブレンボ製の最高峰キャリパー・スタイルマの組み合わせ。フロントフォークはWP製の倒立式で、インナーチューブ径は43mm。
リヤサスペンションはWP製の直押し式モノショック。
標準装着タイヤはサーキット志向のミシュラン・パワーカップ2
燃料タンク容量は14L
カラー液晶のメーター
ハンドルはやや開いた形状
身長170cmのライダーの足着き性
身長170cmのライダーのライディングポジション
シート高は840mm
マスの集中化に貢献する、コンパクトな形状のマフラー
オプションで用意されるクイックシフターは、アップ・ダウンとも対応
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 社会問題化している「半導体不足」はバイクライフにどんな影響を及ぼすか?
  2. 無限の電動モトクロッサー「E.REX」が本格実走!! テストライダーと開発陣に最新状況を聞いた
  3. 「モリワキZ1」第1回鈴鹿8耐参戦マシン、悲運に泣いたゼッケン3番車の中身とは?
PAGE TOP