「燃費70km/L超え」に驚いた! スーパーカブC125で400km走って実燃費を確かめてみた!!【モーサイ燃費調査室】

今回燃費計測したスーパーカブC125は全3色にて展開中。写真のカラーは初代スーパーカブC100をイメージしたパールニルタバブルー(税込価格:40万7000円)。
デザインやカラーのイメージとなった、1969年に発売のスーパーカブC100。
落ち着いた雰囲気のパールカデットグレーは、今回の燃費調査で使用した車両と同一カラー。
スーパーカブC125は「パールシャイニングブラック」(黒×白)を2020年7月31日に追加発売する。これにより、スーパーカブC125は継続販売される「パールニルタバブルー」「パールカデットグレー」とあわせて計3カラーとなった。
CT125
すでに納車待ちとなっているのが、6月26日より販売開始されたCT125 ハンターカブ(カラー:グローインレッド)。今なお高い人気のあるCT110の現代版といえるモデルで、アウトドアレジャーに最適なモデル。車両価格:44万円(税込)。
CT125 ハンターカブ(カラー:マットフレスコブラウン)。車両価格:44万円(税込)。
2019年に公開され大ヒットとなった映画『天気の子』に登場した車両を忠実に再現したスーパーカブ110・『天気の子』ver.が、2020年7月23日より受注期間限定で販売される。受注期間は2020年7月7日(火)から同年10月31日(土)までとなっている(税込価格:31万3500円)。
こちらは、スーパーカブ50・『天気の子』ver.。カラーリングは劇中でカブを駆った登場人物の“夏美”にちなんだのだろうか「サマーピンク」という名称だ(税込価格:26万9500円)。
レッグシールド内側に『天気の子』ver.の専用ステッカーが配置される。
幅広い世代から人気を集めているクロスカブに設定されているくまモンバージョンも継続して販売中(写真は110ccモデル 税込価格:35万2000円(110ccモデル)/30万8000円(50ccモデル)
ふたり乗りも可能でオン/オフに関わらずオールマイティに使用できるクロスカブ110(税込価格:34万1000円)。カラーラインアップは白(クラシカルホワイト)、黄色(パールシャイニングイエロー)、グリーン(カムフラージュグリーン)の3色を展開。
クロスカブ50は税込価格29万7000円で、カムフラージュグリーンとクラシカルホワイトの2色を展開。
スタンダードモデルともいえるスーパーカブ110はパールフラッシュイエローを追加して6色のカラーバリエーションを展開している。(税込価格28万500円)。
ビジネスバイクのスタンダードモデルといえる50ccのスーパーカブ50は黄色/ベージュ/緑/青の4色を展開(税込価格:23万6500円)
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. キャンプの白米はどう炊くのが一番ウマい?「クッカー、メスティン、飯ごう、炊飯用クッカーを比較!!」
  2. 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第42話:バイクの「P」ポジションって何のためにあるの?【隔週連載】
  3. ホンダ スティード再考「ゼファーと並ぶ90年代・脱ハイスペック系の名車ではないか」説 スティード 400 ホンダ 1988
PAGE TOP