70年代に「ザッパー」の愛称で大ヒット! 時代を築いた名車Z650誕生ストーリー【カワサキ空冷4発の系譜(1)】

カワサキ Z650(B1)。1976年当時の新車価格は43万5000円。
Z650の車両全体透視図。寸法は全長2170mm、全幅850mm、全高1145mm、ホイールベース1420mmとZ2よりひとまわりコンパクトな車格だった。
652cc空冷4サイクル並列4気筒DOHC2バルブのエンジンは最高出力64ps、最大トルク5.8kgmの性能を発揮。
キャブレターはミクニ製VM24SSを採用。
Z650のエンジン透視図。ボア×ストロークは62mm×54mm。
1978年にはマイナーチェンジが行われ「B2」に。ブレーキまわりや、キャブレター、ジェネレーター、スイングアームピボットなどが改良された。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. ホンダ スティード再考「ゼファーと並ぶ90年代・脱ハイスペック系の名車ではないか」説
  2. 【直前インタビュー】岩城滉一さんのバイクTVシーズン2が放映!!作中登場カスタムハーレーの仕様や番組への思いを語る
  3. 「ちゃんと許可とってる?」 警察が個人宅敷地やコンビニ駐車場に隠れて取締りするのは合法?
PAGE TOP