4気筒も2ストも選べる! チョイ古250ネイキッドバイクが人気再燃【80〜90年代 250cc国産マシンヒストリー】

右からバリオス、バンディット、ジール、ジェイド。それぞれ各メーカーの方向性が見て取れるのも興味深い。
左から、この年外装を一新したFZR250R、前年登場のZXR250、コブラ、バンディット250、ZZR250。当時4気筒の250ネイキッドはまだ上の2機種のみだった(1990年)。
96年に登場した、ホンダの4気筒ネイキッド第2世代となるホーネットと、そのライバルとなるバリオス、前年にフルモデルチェンジを受けたバンディット250Vとの比較試乗(1996年)。
96年型バリオスのメーター。最高出力は93年に40馬力となっているが、レッドゾーンは1万9000回転からとZXR250と変わらず。バリオス2では1万7000回転からとなった(1986年)。
ホンダ・ジェイド(1991年/乾燥重量146kg・40馬力)
ホンダ・ VT250 SPADA(1988年/乾燥重量140kg・40馬力)
ホンダ・ホーネット(1996年/乾燥重量149kg・40馬力)
ヤマハ・ジール(1991年/乾燥重量145kg・40馬力)
ヤマハ・R1-Z(1990年/乾燥重量133kg・45馬力)
スズキ・バンディット250(1989年/乾燥重量156kg・45馬力)
スズキ・バンディット250V(1995年/乾燥重量146kg・40馬力)
スズキ・コブラ(1989年/乾燥重量139kg・45馬力)
カワサキ・バリオス(1991年/乾燥重量141kg・45馬力)
カワサキ・バリオス-2(1997年/乾燥重量147kg・40馬力)
バンディットのエンジンベースとなったスズキ・GSX-R250R(1989年/重量143kg・45馬力)。コブラはエンジンのみならず、フレームなどもベースにしている。
バリオスのエンジンベースであるカワサキ・ZXR250(1989年/重量144kg・45馬力)。レッドゾーンは1万9000回転からと、超高回転型だった。
ジールのエンジンベースはヤマハ・FZR250R(1993年/乾燥重量146kg・40馬力)。前傾45度並列4気筒は、250ccではFZ250 PHAZERから続くレイアウトだ。
エンジン・車体を新設計し低重心化とマス集中化を図ったホンダ・CBR250RR(1990年/乾燥重量142kg・45馬力)。1988年に登場したCBR250Fより熟成が重ねられた名機だ。
カムギヤトレーンを採用したCBR250フォアの登場により争いは激化。むしろこの争いがあったからこそ、250cc4気筒ネイキッドが生まれたともいえる。
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 一般道で低燃費のジクサー250は高速道路でも燃費がいいのか? 実際に走行してチェックしてみた!!【モーサイ燃費調査室】
  2. ガルーダがイタリア・ボナミチレーシングの取り扱いを開始
  3. デイトナ・ヘンリービギンズブランドからフレームマスクが登場
PAGE TOP