知るとバイクがもっと楽しくなる!? チェーン/シャフト/ベルト、駆動方式はどう進化した?

江沼チェーン製作所の進化の変遷
1987年型R100GSの透視図。
1985年 マーニ・ルマン1000(1000ccc、4ストOHV空冷V型2気筒)
2本のスイングアームでシャフトドライブのトルクリアクションを緩和させる「パラレログラモ」
2018年 ハーレー・ダビッドソン FLDE DELUXEのベルト周り。
2020年 モトグッツィV9 BOBBER SPORT(853cc、空冷4ストOHV V型2気筒)
1950年 モトグッツィファルコーネ(500cc、空冷4ストOHV単気筒)
1986年 LS650サベージ(650cc、空冷4ストOHC単気筒)
1923年 BMWR32(500cc、空冷4ストサイドバルブ水平対向2気筒)
1982年 Z250LTD twin belt drive (250cc、空冷4ストOHC2気筒)
1976年 GX750(750cc、空冷4ストDOHC3気筒)
2005年 BT1100 ブルドッグ(1100cc、空冷4ストOHC V型2気筒)
1979年 キャロット(50cc、空冷2スト単気筒)。シャフトドライブ搭載車
1982年 ホンダ・250マスターS・D(250cc、空冷4ストOHC2気筒)。ホンダ初のベルトドライブ車で、アーカイブからも忘れ去られた悲運のバイク。
2019年 BOLT RスペックABS(941cc、空冷4ストOHC V型2気筒)
2016年 ドゥカティ・Xディアベル(1262cc、水冷4ストDOHCデスモドロミックL型2気筒)
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 社会問題化している「半導体不足」はバイクライフにどんな影響を及ぼすか?
  2. 無限の電動モトクロッサー「E.REX」が本格実走!! テストライダーと開発陣に最新状況を聞いた
  3. 「モリワキZ1」第1回鈴鹿8耐参戦マシン、悲運に泣いたゼッケン3番車の中身とは?
PAGE TOP