「砂漠に強いホンダが帰って来た!」 31年ぶり、ダカールラリー悲願の総合優勝達成

ステージ10の砂漠地帯を走るリッキー・ブラベック選手
2020年型ホンダCRF450ラリー
2020年型ホンダCRF450ラリー
2020年型ホンダCRF450ラリー
優勝直後のリッキー・ブラベック選手(アメリカ)。Monster Energy Honda Teamからは5人のライダーが参戦した。
2018年準優勝、2019年は総合5位の実力派ライダー、ケビン・ベナバイズ選手(アルゼンチン)は総合19位
ダカールラリー参戦11回目となる歴戦の猛者、ホアン・バレダ選手(スペイン)は総合7位
ダカールラリー2019では10位につけた若手ライダー、 ホセ・イグナシオ・コルネホ選手(チリ)は総合4位
ダカールラリー初挑戦のアーロン・メア選手(南アフリカ)。残念ながらステージ2でリタイヤとなった
Monster Energy Honda Teamのチーム代表を務めたHRCの本田太一氏
優勝はホンダのリッキー・ブラベック選手、2位はハスクバーナのパブロ・クインタニラ選手、3位はKTMのトビー・プライス選手
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 社会問題化している「半導体不足」はバイクライフにどんな影響を及ぼすか?
  2. 無限の電動モトクロッサー「E.REX」が本格実走!! テストライダーと開発陣に最新状況を聞いた
  3. 「モリワキZ1」第1回鈴鹿8耐参戦マシン、悲運に泣いたゼッケン3番車の中身とは?
PAGE TOP