「砂漠に強いホンダが帰って来た!」 31年ぶり、ダカールラリー悲願の総合優勝達成

ステージ10の砂漠地帯を走るリッキー・ブラベック選手
2020年型ホンダCRF450ラリー
2020年型ホンダCRF450ラリー
2020年型ホンダCRF450ラリー
優勝直後のリッキー・ブラベック選手(アメリカ)。Monster Energy Honda Teamからは5人のライダーが参戦した。
2018年準優勝、2019年は総合5位の実力派ライダー、ケビン・ベナバイズ選手(アルゼンチン)は総合19位
ダカールラリー参戦11回目となる歴戦の猛者、ホアン・バレダ選手(スペイン)は総合7位
ダカールラリー2019では10位につけた若手ライダー、 ホセ・イグナシオ・コルネホ選手(チリ)は総合4位
ダカールラリー初挑戦のアーロン・メア選手(南アフリカ)。残念ながらステージ2でリタイヤとなった
Monster Energy Honda Teamのチーム代表を務めたHRCの本田太一氏
優勝はホンダのリッキー・ブラベック選手、2位はハスクバーナのパブロ・クインタニラ選手、3位はKTMのトビー・プライス選手
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. ZX-25R バリオス

おすすめ記事

  1. 【ニンジャZX-25R VS バリオスII】30年分の進化から、最新カワサキ250cc4気筒の特性に迫る ZX-25R バリオス
  2. 【三ない運動の何が問題なのか?(4)】新たな「乗せて教える」交通安全教育で重要なのは高校生たちがどう変わったか知ること
  3. 髪型に悩むライダーはここに行け!? お店の前にはバイク、店内にもバイクという不思議な床屋さんを横浜で発見
PAGE TOP