【ホンダADV150試乗】その90%が新設計! PCXの「着せ替え」ではない、ヘビーデューティー・スクーター

ADV150(ゲイエティーレッド)
ADV150(マットガンパウダーブラックメタリック)
ADV150(マットメテオライトブラウンメタリック)
ADV150
アドベンチャーモデルのイメージが与えられたスタイリング。マフラーもアップタイプとなっている
エンジンはPCXシリーズなどで定評ある水冷149ccOHC単気筒の「eSP」エンジン。アイドリングストップ機能も継承されている
高さを2段階に調整できるスクリーン。写真はハイポジション時
高さを2段階に調整できるスクリーン。写真はローポジション時
130mmのストロークが与えられたフロントフォーク。フロントタイヤのサイズは110/80-14
120mmストロークのリザーバータンク付きリヤサスペンション。リヤタイヤのサイズは130/70-13
灯火類はすべてLEDを採用。高い視認性を確保しているほか、省電力化にも貢献
テールランプはインナーレンズを採用し、ライト内側が「X字」型に発光する
シート下収納は27L容量で、フルフェイスヘルメット1個を収納可能
アドベンチャーモデルのようなリジッドマウント式のテーパーハンドルを採用。クランプ部は28.6mm径
専用デザインの多機能メーターパネル。燃料計、瞬間燃費計、オド&ツイントリップ、時計、カレンダーなどを表示
ハンドル左下のインナーボックスにはアクセサリーソケットが設けられている
給油口はPCXシリーズ同様、センタートンネル部に配置。燃料タンク容量は8L
ホンダ純正アクセサリー装着例。リヤキャリヤ、トップボックス、グリップヒーター、ETC2.0車載機などが用意されている
カスタマイズパーツ装着例。モリワキZEROフルエキゾーストマフラー、SP武川フロアステップサイドバー&LEDフォグランプなどを装着
ADV150は全3カラーがラインアップされる
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. XR750 ハーレー

おすすめ記事

  1. キムコジャパンが新型コロナウイルスの影響を考慮し、車両保証期間を最大6ヶ月延長
  2. 油冷エンジンを愛して24年のライダーが、新生油冷マシン・ジクサー250に乗るとどう感じるのか?
  3. ハーレーはレーサーも作っていた! 50年前に誕生した伝説的マシン「XR750」を振り返る XR750 ハーレー
PAGE TOP