加速GはGT-R超え? 価格は86以下!? 国産スポーツバイクの凄まじき加速ランキング

第5位 カワサキ ニンジャH2 SX SE 1.300
第4位 スズキ GSX-R1000R ABS 1.030
第3位 ホンダ CBR1000RR SP 1.015
第2位 カワサキ ニンジャZX-10RR 1.009
第1位 YAMAHA YZF-R1 1.000
番外編その1 ホンダ CBR1000RR-Rファイヤーブレード 0.924
番外編その2 カワサキ ニンジャH2カーボン 1.030
国産最強スポーツカーの日産GT-Rは車両重量が1760kg(最も車重が少ないグレードの「ピュアエディション」「ブラックエディション」「トラックエディション・エンジニアド・バイ・ニスモ」の場合)、パワーが570馬力なので、パワーウエイトレシオが3.088
2019年にマルク・マルケス選手が駆ってチャンピオンを獲得したホンダ RC213Vは最低車両重量が157kg、エンジン出力が230馬力以上。パワーウエイトレシオは少なくとも0.683という数字に……!
地上の戦闘機ともいえるF1マシンはパワーウエイトレシオが0.5〜0.6台。加速力もすごいがコーナリングGも桁違い。
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 2021年型BMW R nineTは実質フルモデルチェンジ!?従来型オーナーが涙するアップデートの数々
  2. イカやタコ、鮭にサバ…走っていると磯の香りがしそうな「魚介ロード」10選
  3. 立ちごけは新米ライダーの洗礼!? フォロワー数1万人を目指して日本一周中の若手お笑いコンビ沖縄へ
PAGE TOP