最終進化形は800cc単気筒!「砂漠の怪鳥」と呼ばれたDRビッグの走りとは【スズキDR800S試乗】

テスト車はDR800Sの後期型。前期型に比べオンロード重視の性格が与えられている
前輪は21インチホイールで、シングルの300mm径フローティングディスクに異径2ポットキャリパーがセットされる
特徴的な長いアッパーカウル(「ビークデザイン」としてVストロームに受け継がれている部分)は、エンジンへの冷却導風、ダウンフォース発生による直進安定性向上などに貢献
排気量779ccの油冷単気筒エンジン。燃焼効率向上のためツインプラグ化、レスポンス向上のためにデュアルキャブレターを採用している
シンプルなメーターまわり。左は190km/hまで目盛られた速度計、右が7500rpmからレッドゾーンとなるタコメーター
24Lと大容量ながら、スリムな燃料タンク
地味ながらすっきりしたリヤまわり。頑丈な荷台と左右出しのマフラーが特徴
220mのホイールトラベルを持つフルフローターサスペンション
キー脱着式シートの下はエアクリーナー、MFバッテリーが納まり、テールカウル下が工具品書類入れとなる
シート高は890mmと高めだが、スリムな車体幅がそれを力バーしている。とはいえ身長173cmでは両足でつま先立ちとなる
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. ZX-25R バリオス

おすすめ記事

  1. 【ニンジャZX-25R VS バリオスII】30年分の進化から、最新カワサキ250cc4気筒の特性に迫る ZX-25R バリオス
  2. 【三ない運動の何が問題なのか?(4)】新たな「乗せて教える」交通安全教育で重要なのは高校生たちがどう変わったか知ること
  3. 髪型に悩むライダーはここに行け!? お店の前にはバイク、店内にもバイクという不思議な床屋さんを横浜で発見
PAGE TOP