【訪問レポート】ゆっくりくつろげる場所に大変身 全面リニューアルしたホンダウエルカムプラザ青山に行ってみた!!

リニューアルしたホンダウエルカムプラザ青山。
リニューアルオープン初日は雪が舞うあいにくの天気となってしまったが、晴天時であればオープンカフェでも出ていそうな雰囲気に大変身(実際に屋外テラス席も設置予定なのだとか)。
ちなみにこちらがリニューアル前のホンダウエルカムプラザ青山の外観。個人的にはこちらの雰囲気も好きだったのだが、たしかに入りやすいイメージは高くなっている。
内装も大きく変更された。
メインエントランスにあるワイガヤの木。
ホンダ伝統のコミュニケーションを樹木で再現したのは、パーク・コーポレーションのparkERs。ワイガヤの木の根元には「ワイガヤ」の由来が記されたボードも設置されている。
所々に木で作られたオブジェが飾られており、これがまたくつろぎ空間の演出にひと役買っている。あぁ、癒される……。
ちなみにこちらはリニューアル前のウエルカムプラザ青山。元々来場しやすい空間であったが、さらにそれが磨き込まれたという印象。
本格カフェテリア「MILES Honda Cafe」
サンドウィッチは5カ国6種類。ちなみにオープン初日のお昼はベトナムをコンセプトにした「牛肉のバインミー」が人気だったそうな。
MILES Honda Cafeのカウンターにはオリジナルコーヒーを淹れるときにも使用されている「宗一郎の水」がいただけるウォーターサーバーが置かれている。実際にいただいてみたが、確かにカルキ臭はまったく感じなかった。
宗一郎の水で淹れたオリジナルコーヒーはオススメ。訪れたらサンドウィッチと共にお召し上がりいただきたい。
ホンダ社食のカレーうどんの素は、埼玉、浜松、栃木、鈴鹿、熊本それぞれのカレーうどんを再現したと話題の商品。それぞれ味の異なり、ホンダOBの方にもファンが大勢いるのだそう。
それ以外にもホンダグッズがズラリ。「眺めているだけでもワクワクする場」というコンセプトも納得のエリアだ。いやしかし……これはお財布のヒモが緩むなぁ。
2月14日の発売に先だって展示が開始された新型フィット。購入を検討している方はこのチャンスを逃す手はない?
中にはご家族で訪れている方も。 お子さんもなかなかできない体験に大はしゃぎ♪
カフェスペースの中に置かれていたモンキー125。 もちろん跨がりOKだ。
創業期を支えた傑作「ホンダ ドリーム 3E型」も展示。ホンダの歴史を感じられるのだ。
ちなみにカフェのカウンター席にはモンキーのシートを使用した“モンキーチェア”がある。 サスペンションつき(?)で座り心地も抜群!?
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. Z650 ザッパー

おすすめ記事

  1. ナナハン化にターボ仕様まで! 「ザッパー」こと名車Z650のDNAを受け継いだ後継車たち【カワサキ空冷4発の系譜(2)】
  2. 70年代に「ザッパー」の愛称で大ヒット! 時代を築いた名車Z650誕生ストーリー【カワサキ空冷4発の系譜(1)】 Z650 ザッパー
  3. ウイングフットがスペイン製バイクのレオンアートを輸入・販売開始 クラシックデザインの125cc車5機種を投入
PAGE TOP