新車が17万円で買える125cc「ホンダ車」CBF125T 走りは? 装備は? コスパは? 実際乗ってチェックしてみた

125ccのクルーザーという珍しい存在でもある「CBF125T」
CBF125Tを生産するのは中国の「新大州本田」(ホンダと新大州・天津本田の合弁企業)
8.6馬力を発揮する125cc空冷単気筒エンジン。低中速重視のセッティングとなっているという
中央にギヤポジションインジケーターを備えるメーター。回転計内にはガソリンメーターも備えている
座面の広いタップリとしたシート。リヤキャリヤにはフックも多数設けられており、荷物をくくる際に便利
「125T」という車名だが、かつてのCB125T(並列2気筒)とは異なり、CBF125Tは単気筒である
125ccクラスの中ではゆったりとしたライディングポジションとなるのも大きな特長
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. NC750X 2021

おすすめ記事

  1. 【バイク擬人化漫画】連載一周年記念 「ニーゴーマン!」 全23車イッキ読み!!
  2. バイク通学は両親も喜んだ! 「三ない運動」撤廃後の埼玉県で聞いた高校生のホンネ(1)
  3. 【ホンダ 3代目NC750X 徹底解説】エンジンパワーアップ&6kg軽量化され、2月に92万4000円~で発売 NC750X 2021
PAGE TOP