2019年もっとも読まれた記事は「ホンダCT125世界初公開! 東京モーターショー2019」でした

ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ブロックパターンのタイヤを装着。フロントタイヤのサイズは2.75-17
フロントブレーキはABSを組み合わせたディスクブレーキ
リヤタイヤのサイズは3.00-17
リヤブレーキもディスクブレーキ
スーパーカブC125をベースとする空冷125ccOHC2バルブ単気筒を搭載
エアクリーナーボックスを左サイドカバーに、エア吸入口はその後方上部に設けられている
リヤキャリヤには「TRAIL HUNTER」のロゴが
かつてのCTシリーズは副変速機を装備しているのが特徴だったが、CT125には装備されない
ハンドルはオフロードバイクのようなブレースバー付き。メーターは丸型液晶モニター
灯火類はLEDで、ウインカーはCT110のような角形の大ぶりなものが付く(4球LED式)
ステップは専用のもので、ラバーを外すとオフロード車のようなギザギザのベースが現れる
パンチングメッシュのヒートガードで覆われたアップタイプのマフラー
質感の異なる表皮を使い分けたシート。ガソリンタンクはシート下
この画像の記事ページへ
  1. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  2. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  3. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  4. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  5. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  6. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

  1. 「フルオーダーのカスタムBMW」を見たくはないか!?『46works』が世田谷で個展を開催、5台を展示
  2. アライのフルフェイスヘルメット、アストロGXの新グラフィックモデル”スパイン”が登場
  3. アライのオープンフェイスヘルメット、VZ-RAMに中上貴晶レプリカデザインモデルが登場
PAGE TOP