2019年もっとも読まれた記事は「ホンダCT125世界初公開! 東京モーターショー2019」でした

ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ブロックパターンのタイヤを装着。フロントタイヤのサイズは2.75-17
フロントブレーキはABSを組み合わせたディスクブレーキ
リヤタイヤのサイズは3.00-17
リヤブレーキもディスクブレーキ
スーパーカブC125をベースとする空冷125ccOHC2バルブ単気筒を搭載
エアクリーナーボックスを左サイドカバーに、エア吸入口はその後方上部に設けられている
リヤキャリヤには「TRAIL HUNTER」のロゴが
かつてのCTシリーズは副変速機を装備しているのが特徴だったが、CT125には装備されない
ハンドルはオフロードバイクのようなブレースバー付き。メーターは丸型液晶モニター
灯火類はLEDで、ウインカーはCT110のような角形の大ぶりなものが付く(4球LED式)
ステップは専用のもので、ラバーを外すとオフロード車のようなギザギザのベースが現れる
パンチングメッシュのヒートガードで覆われたアップタイプのマフラー
質感の異なる表皮を使い分けたシート。ガソリンタンクはシート下
この画像の記事ページへ
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】