2019年もっとも読まれた記事は「ホンダCT125世界初公開! 東京モーターショー2019」でした

ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ホンダCT125(東京モーターショー2019出展車)
ブロックパターンのタイヤを装着。フロントタイヤのサイズは2.75-17
フロントブレーキはABSを組み合わせたディスクブレーキ
リヤタイヤのサイズは3.00-17
リヤブレーキもディスクブレーキ
スーパーカブC125をベースとする空冷125ccOHC2バルブ単気筒を搭載
エアクリーナーボックスを左サイドカバーに、エア吸入口はその後方上部に設けられている
リヤキャリヤには「TRAIL HUNTER」のロゴが
かつてのCTシリーズは副変速機を装備しているのが特徴だったが、CT125には装備されない
ハンドルはオフロードバイクのようなブレースバー付き。メーターは丸型液晶モニター
灯火類はLEDで、ウインカーはCT110のような角形の大ぶりなものが付く(4球LED式)
ステップは専用のもので、ラバーを外すとオフロード車のようなギザギザのベースが現れる
パンチングメッシュのヒートガードで覆われたアップタイプのマフラー
質感の異なる表皮を使い分けたシート。ガソリンタンクはシート下
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 「今やハーレーのエンジンは2000cc級」2022年型なら最大排気量車に100万円安く乗れる!?
  2. 「4輪では1920年代から普及するも、2輪では70年代から」並列6気筒はなぜバイクで主流とならなかったのか
  3. 【6月27日発売】ホンダ スーパーカブ50にブルーのニューカラー登場!一部装備のカラーリングも変更 スーパーカブ 50 ホンダ 2022
PAGE TOP