実はこんなに簡単!? 素材別、革ブーツのメンテ道

●上がワイルドウィング製品、下は一般的なワークブーツ。ヒールをステップに合わせると、ペダルが操作に最適な位置に
●左は新品、右はノーメンテナンスで放置されていたもの
●革ブーツに塗り込むミンクオイルは結構少なめ
●指で塗ると革もオイルも温まり浸透しやすくなる。アレルギーの方は要注意
●左半分がミンクオイルを塗り込んだ状態。艶々だ
●ヌバックのメンテナンスは少々違う
●スムースレザーと同じ様にミンクオイルを塗った後。こうなるともう戻らない
●起毛を活かしながらエイジングするとこんなに渋く格好良くなる
●クリームを塗りペーパー等で擦り続けると徐々に艶が出る
●同じクレイジーブラウンカラーだが、艶があるのとないのとで全く印象の違う色合いになる
●あなたはどちらがお好き?
●糸のほつれを直すのは簡単
●切って軽くあぶるだけ
●焦げた糸を押し込み、クリームを塗れば完成
●擦れて出来た傷だって簡単に目立たなくできる
●アクリル絵の具をほんの少し指に取る
●アクリル絵の具で補色
●ミンクオイルを塗れば傷が全く目立たない
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 「今やハーレーのエンジンは2000cc級」2022年型なら最大排気量車に100万円安く乗れる!?
  2. 「4輪では1920年代から普及するも、2輪では70年代から」並列6気筒はなぜバイクで主流とならなかったのか
  3. 【6月27日発売】ホンダ スーパーカブ50にブルーのニューカラー登場!一部装備のカラーリングも変更 スーパーカブ 50 ホンダ 2022
PAGE TOP