ヒストリー

【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロットル狂想曲

第三京浜、ドラッグレース、イジるほど速くなる相棒に首ったけ

まだバイクのメカニズムが"ブラックボックス化"していなかった時代。
装着したマフラーの性能やキャブのセッティングに一喜一憂し、テストと称しては右手をひねりあげて「聖地」へと向かう。
今より夜が熱かった-。

report●佐藤信哉
 

仲間たちとの終わらない夜

平成元年は、オレにとっては特別な年となる。
昭和の末期、1980年代というと、オレがこの業界に足を踏み入れたときであり、23歳~32歳までの、人生の中で最も無茶をやっていた時代だった。
そしてそれはまた……関東地方に住むバイク乗りにとって〝第三京浜〟が絶盛を極めた時代とも重なることとなる。

仲間と顔を合わせれば合い言葉のように「おい、三京行くか」と口にする。
保土ヶ谷のPAは平日でもまるでカスタムバイクの展示場のようだった。土曜の夜などは一般の四輪車が入れなくなるほどのすさまじい台数となる。
だがオレはあまりそこにはいなかった。もちろん「たむろしているなら、走る!」ということを第一に考えていた面もあるが、実は見物は別の所でしていたのだ。

第三京浜には、造成のために分断された地域の利便性を確保するため、町道レベルの小さな橋がひっそりと掛けられているのだが、そこにバイクを止め、タバコを吸いながら眼下の闇を疾走していく連中を眺めるのが好きだったのだ。

●東京と神奈川を結ぶ自動車専用道路「第三京浜道路」。"HIGHWAYTHE 3RD"とも称され全国区に。保土ヶ谷PAにもライダーがあふれた


いや、疾走などという生易しいものではない。
名のあるチューニングショップの手により大改造を施されたカタナやZ、FZRにCB(それも1100Rだ!)などの大型バイクがトップギヤで吹け切らせているのだから、200数十キロは出ているに違いない。

フォアァ~~……! と闇から現れ、フォン! ファン……ファンファン! と数台が一瞬にして通り過ぎ、カアァァァァ~……コオォォォ~……と余韻を引きずる咆ほう哮こうを放ちながらまた彼方(かなた)の闇へと消えて行く。
四輪の改造車もそれなりにはいたが、生身の体をむき出しにし、マシンにしがみつきそれをやっているバイク乗りの連中の前では、完全に色を失っていた。
見るたびに鳥肌が立ち「……カ、カッコイイ!」という言葉が思わず口から出てしまう。

そして(オレも、そのバイク乗りなんだよな!)と、ふと我に返り、よっしゃ……! とそこへ乗り入れて行く。
とんでもないことをみんなやっていたが、議論も合法もへったくれもない。
平成前夜とはそういう時代だったのである。

だが、いつかはそれに終止符を打たねばならないときが来る。
「なに? 250キロだ? 260キロだ? しゃらくせぇ、それならオレは、300キロをたたき出してやらぁ。そしたら、もうやめる!」

時代が昭和から平成へと替わった89年9月1日、オレはスズキのGPレーシング部門の全面協力の下に特別に仕立てられたGSX-R750Rに打ちまたがり、それを旧西独・アウトバーンにて実行した。

ここが第三京浜だったらよかったのになあ……この先に、保土ヶ谷のパーキングがあったらいいのになあと、心の中で、ちょっと思いながら。
 

0.1秒を削るために全てをかけた"ゼロヨン"

●本誌(Motorcyclist)では88年から「ゼロヨングランプリ」を主催。イエローコーン(写真)、ミハラスペシャリティなどコンストラクターも有名に


 

日々更新された空冷の限界

●カワサキZ1系カスタムを頂点に、空冷四発チューニングが一世を風び。各チューナーのデモ車が発表されるたび馬力は向上していた



 


 

→:次回【平成バイク大図鑑5】2000年目前に激化したメガスポーツ最高速競争

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

1万7000回転の衝撃!! 大人気となった250cc4気筒レプリカマシン、ヤマハFZR250 今日のバイカー1ショット「新しいヘルメットがつい欲しくなる」 カワサキが2020年鈴鹿8耐への参戦体制を発表

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション