ヒストリー

中古二輪車スペシャリストが選ぶ! 肩ひじ張らずに楽しめる平成生まれ4モデル

前回の記事「中古二輪車スペシャリストが選ぶ! いまなお高人気の平成生まれ7モデル」では今なお人気を集める平成生まれの二輪車を紹介した。
今回は人気が一段落した、もしくはこれから高騰しそうな車両にスポットを当て、そのなかから4車種を紹介しよう。
中古相場は落ち着いているとはいえ、どれも平成の時代に人気を博した車両ばかり。これを機会に乗ってみるのもありではないだろうか?

report●田島史郎

 


 

肩ひじ張らずに楽しむ4モデル

DUCATI Monster900/400

イタリアンネイキッドの雄

ドゥカティを代表するネイキッドとして君臨したモンスターシリーズも、人気が落ち着き相場も安定してきた。
とくに400は20万円台から探せるようになり、価格が非常にこなれているのが魅力。国産の同クラスよりもお買い得のケースも出ているほど。
個性のあるバイクに乗りたいと思うのならお薦めの1台だ。

 

HONDA NC700/750 Series

買いやすいイージーライドモデル

669ccという中途半端な排気量と65万円の低価格が売りだったが、その後750ccになったこともあってX以外の新車人気は低迷。そのため、中古市場でも大変なお買い得車になっている。
相場は30万円台が中心で程度のいいものが多い。ジェントルなユーザーが好む傾向が高いようだ。
スタイルや排気量を気にしなければお買い得車である。

 

BIG SCOOTER

●HONDA FORZA

●YAMAHA MAJESTY

●SUZUKI SKYWAVE250

大ブームで中古車が豊富

平成に大ブームを巻き起こした250ccクラススクーター。
販売台数はセールスの上位を長年占めただけに、中古マーケットに溢れかえっている。
しかも、輸出需要が少なく、国内の人気は125ccクラスに移っているため、相場は下がるいっぽう。安いものは10万円台から購入できる。
ただし、きちんとメンテされたものを選ぶこと。
 

SUZUKI GEMMA

超個性派希少=高値となるか

4年間だけ生産された、個性的スタイルのスクーター。
現役時代は全く振るわなかったが、2017年あたりから見直し機運が高まり、相場を上げている。
現在は40万円前後が主流になっており、かつ台数が限られていることから今後の動向が不透明だ。
注目の1台と言えよう。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

関連記事

  1. 【平成バイク大図鑑7】砂漠生まれの実力が旅を進化させた大型アドベ…
  2. 【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロッ…
  3. 2018年で"デビュー○周年"!【CB750FOUR編】
  4. 【遙かなるグランプリへ3】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだス…
  5. 【遙かなるグランプリへ2】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TT…
  6. 【’80sバイク熱狂時代】平vs水谷の大バトル! バ…
  7. 【遙かなるグランプリへ4】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだス…
  8. 【遙かなるグランプリへ1】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TT…

旅に出よう!

おすすめ記事

モーサイ編集部風景 モーサイの仲間になってくれる人【Web媒体編集スタッフ】を募集! 【時代を駆け抜けたバイクたち4】HONDA CB1000 SUPER FOUR・CB400 SUPER FOUR 【NEW ITEMS】ストリートでの究極の性能を手に入れろ!! キタコからBMW車対応のブレーキパッドが登場 【NEWS】ダイネーゼ台場が移転・リニューアルオープン!! 【NEW ITEMS】オージーケーカブト AEROBLADE-5に新グラフィック2つが追加 【スーパーカブで楽しむツーリング】カブ下道紀行:廃墟探訪、鬼怒川温泉と足尾銅山 アストラルXにオリエンタルテイストのグラフィックモデルが登場 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その7】番外編? 小柄でもブーツ一つでバイクの選択肢はぐんと広がる ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近! 【NEW MODEL】BMW伝統のボクサーエンジンとテクノロジーのハイブリット、「R 1250 R」「R 1250 RS」が新登場!!
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP