ヒストリー

もしかしたら大ヒット車になったかもしれない? 1970〜80年代に大量発生した「ユニーク原付」たち

何度か1980年代のスクーターを振り返ってみたが、この時代のスクーターはどれも面白いモデルが多かった。

しかも簡単にウィリーするほどパワフルだったことも忘れられない。けれど、そんなスポーツモデルの影でひっそりと生産を終了していったものもある。発売当時から「これ誰が買うの?」と思うほど意外性に溢れた「変わり種」のことだ。

 実はこの「変わり種」たちは1970年代から数多く発売されている。その延長で1980年代のHY戦争後のニューモデルラッシュ期に、人とは違う個性を狙ったモデルが数多く生まれたわけだ。今回はそんな「変わり種バイク」が生まれるまでの歴史を振り返ってみよう。

スズキ・ホッパーから始まる「変わり種バイク」の歴史

変わり種の元祖は1971年に発売されたスズキ・ホッパーが始まりと言っていいだろう。ホンダが1967年から販売し続けてきたモンキーと同じカテゴリーと呼べるが、ホッパーは前後にサスペンションを備え2ストエンジンによりしっかりバイクらしく乗れたのが特徴だった。

1971年発売のスズキ・ホッパー。

そこで元祖ホンダは1972年にシャリイを発売。スーパーカブのコンポーネンツを利用したホームバイクでレッグシールドも装備していた。

1972年発売のホンダ・シャリイ ホンダ。

それは1972年に発売されたスズキ・バンバンや、1973年に発売されたヤマハ・チャピィも同じことだった。

1972年発売のスズキ・バンバンRV50。
1973年発売のヤマハ・チャピィ。

このレジャーバイクのリリースラッシュはまだまだ続いた。1976年にはヤマハがボビィを発売。ボビィはきつい段差のないメインフレーム部にタンクからバッテリーなどの機能備品を収めスッキリしたスタイルが特徴だった。

1976年発売のヤマハ・ボビィ。

ただ、こうした一連のレジャーバイクたちは遠心クラッチとはいえ変速作業が必要だった。それゆえ可愛らしいスタイルとは裏腹に女性の支持を集めにくかったし、男性が乗るには少々恥ずかしい車両でもあった。

次ページ:より多様化していく「変わり種バイク」たち

1

2
  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

【NEW MODEL】ホンダ・CBR650R/CB650Rが3月15日発売! 白バイにも採用される信頼性抜群のドラレコ最新版・ASAHI RESERCH Driveman BS-9b 『トップガン マーヴェリック』試写レポート! 2022年5月27日 、36年を経てトム・クルーズが空に還ってくる!!  
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP