ヒストリー

CB72にC100……排気量だけど、排気量じゃない? 昔のホンダの車名のヒミツ

C100やCB72など、1950年半ば〜60年代中ごろまでのホンダのバイクでは「100・200・72・92」のような数字が車名に使われている。これは1957年のドリームC70から約7年使用され、アルファベットはバイクのタイプを、数字は排気量をそれぞれ表している。
ただし数字に関して言えば、CB250、VFR400のような現代のものと異なり直接排気量を指しておらず、ある一定の法則に基づいてい表記されていた。
この年代のモデルは現代でも旧車ファンの間では人気があり現存数が多いものの、この法則がわからないと「このバイク何cc?」といった疑問が生まれてしまうのだ。

1957年ドリームC70(4ストOHC2気筒250cc)
海外の模倣だけでなく、日本の独自性を見出すため、角ばったデザインを採用し、「神社仏閣」と言われるジャンルの先駆けにもなった。

それまでのホンダ車は、1947年に登場した自転車補助エンジンのA型(2スト50cc単気筒)に始まり、B、C、D……とモデル名を増やしていた。しかしアルファベット1文字ではすぐに使い切ってしまうため、1953年頃からアルファベット二文字を使い始め、モデルによっては年式や排気量もそこに加えられた。

1957年ベンリィJC58(4ストOHV125cc 単気筒)
1955年から発売されたベンリィJCシリーズの3代目。末尾の58は排気量ではなく、1958年モデルの意味。

そして冒頭で触れたアルファベット+数字の時代を経て、1965年頃からはアルファベットと排気量を組み合わせたモデル名が広く使われるようになった。また、ユーザーの認知も定着した事から、一部の例外があるものの「モデルシリーズ + 排気量」の組み合わせが定番となり現在まで用いられている。

1964スポーツカブCS65(4ストOHC単気筒65cc)
C100のスポーツモデルスポーツモデルC110のマイナーチェンジモデル。排気量が素直に車名になっているほか、エンジンもOHC化された。

では問題の1957年からのモデルの法則性はどんなものか? 各モデルについては次のページの表を参照頂きたい。モデル名最初の「C」はサイクル(モーターサイクル)を意味しており、次のアルファベットは、「S」スポーツ、「B」スーパースポーツ、「R」レーシンング、「L」スクランブラーと区別されるが、その命名には諸説が存在する。
なおこの表では、国内の主要モデルに絞りまとめてあり、年式による詳細記号は省略しているのでご了承頂きたい。
文●上屋 博

→次のページ:ウワサの車両の法則がわかる、ホンダ旧車一覧

ページ:

1

2

おすすめ記事

夏はクシタニミーティング&セールで楽しもう!! 【NEWS】これであなたもGPライダー!? シグナスXが通勤時間でも気分アゲアゲのYZR-M1カラーで発売!! 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part1〜 ロッシ・チームのデザインを採用するアパレルコレクション 【自分と相棒との夢空間を獲得!】バイク保管のすすめ-レンタルガレージ編- クシタニ熊本店が4月3日(金)に移転リニューアルオープン
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP