ヒストリー

50年前にも「アールワン」と「アールスリー」がいた! 受け継がれし(!?)ヤマハスポーツバイクの称号

YZF-R1を筆頭とするヤマハのスーパースポーツモデル「YZF-R」シリーズ。
1000ccのYZF-R1、600ccのYZF-R6、320ccのYZF-R3、250ccのYZF-R25、そして125ccのYZF-R125までを世界で展開しており、多くのファンを持つ。
ところで「アールワン」「アールスリー」の車名は、実は半世紀以上昔から受け継がれる由緒あるもの(?)だったのをご存知だろうか?

ヤマハ・スポーツ350R1(1967年登場)

1967年登場の「スポーツ350R1」。メッキ側板+ニーグリップラバーを備えたタンクからも時代を感じる

「海外メーカーのビッグバイクに対抗できるだけの走行性能を備えた車両が必要だ」という当時の技術者たちの強い願いを託されて登場したフルスケール350ccモデル、それがヤマハスポーツ350R1である。
1970年にXS-1(650cc)が登場するまでの間、ヤマハを牽引したフラッグシップモデルであり、ラインアップ中最大排気量を誇った。
エンジンは最高出力36馬力の空冷2サイクル350cc並列2気筒で、当然4サイクル4気筒1000ccのYZF-R1とは設計上の関連性はない。
しかし「フラッグシップモデルである」ということは2車の共通点だ。
ちなみに古いほうのR1の「R」は排気量車が350ccであることを指し(ほか「E」が260cc、「D」が250cc、「C」が175cc、「B」が130cc、「A」が125ccなど、車名のアルファベットで排気量区分を示していた)、現在のR1の「R」はリアルスポーツを意味する。

最新型ヤマハYZF-R1(2020年モデル)

こちらは新しい方の「R1」ことYZF-R1の最新型。「サーキット最速を目指し」MotoGPマシンYZR-M1の技術が注入されている。水冷4サイクル1000cc並列4気筒エンジンは200馬力を発揮。写真は上級バージョンのYZF-R1M

唯一国内仕様が設定されたヤマハYZF-R1(2009年モデル)

YZF-R1で唯一国内仕様が発売された6代目のYZF-R1。写真の車両は国内販売最初の年の2009年モデル。一方、海外モデルに対抗して開発されたスポーツ350R1だが、コチラは国内モデルとして販売された

ヤマハ・スポーツ350R3(1969年登場)

YR2の国内版として1969年から発売されたスポーツ350R3。平べったい燃料タンクからは、そこはかとなく同時代のスズキ車の香りが漂う不思議

車名から察した人も多いかと思うが、スポーツ350R3はスポーツ350R1の後継モデルである。厳密にいうと海外仕様「YR2」の国内版で、1969年から販売された。
タンクやサイドカバーなど外装のデザインをスポーツ350R1から一新しているほか、ホイールベースもスポーツ350R1から拡大されておりロングツーリングを得意としていた。
またキャブレターの形状変更も行われたが、36馬力/7000rpmという最高出力は前身モデルであるR1と同様。
スクランブラースタイルの「スポーツ350R3C」とあわせて約5万台ほどが生産された。

最新型ヤマハYZF-R3(2019年モデル)

こちらが新しいほうの「R3」。250ccのYZF-R25との兄弟車。水冷4サイクル320cc並列2気筒エンジンで、最高出力は42馬力。倒立フォークも備える

新旧「R3」とも、2気筒車で300cc台という共通点はあるが、当然こちらも現在のR3とはなんの縁もない。
排気量車はYZF-R3のほうが少ない(350R3:350cc、YZF-R3:320cc)が、最高出力は42馬力とYZF-R3のほうが上。技術の進歩って素敵。

スポーツ350R3のスクランブラーモデルのスポーツ350R3C。サイドカバーはタンクと同色になり、アップマフラーに換装しているほか、タンクの形状もR3とは微妙に異なってる

残念ながら1950〜60年代のヤマハでは、250cc車には「R」ではなく「D」を付けていたため(YDSやDXなど)、1960年代のヤマハ車の中に「R25」はいなかったし、スポーツ350シリーズも1970年からはRX350へと車名が代わるので、後継としての「スポーツ350R6」も生まれなかった。
が、R25、R6もバイクの歴史を紐解くと、実は由緒ある車名である。ということだけ付け加えておこう。

1970年にスポーツ350R3からバトンタッチする形で登場したRX350。エンジンは空冷2サイクル並列2気筒だが、ボア・ストロークは350R3から変更され、ストロークは250ccモデルのDX250と共通となった

(まとめ●モーサイ編集部・高垣/上野)

おすすめ記事

【遙かなるグランプリへ3】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだスズキ・マン島TT挑戦史(前編) 【遙かなるグランプリへ2】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TTを制するまで(後編) 注目秋冬ウエア 安全こそ全て……「DAINESE」 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(1)750登場前夜 匿名係長 第4回 ホンダ CRF250Lの巻 【自分と相棒との夢空間を獲得!】バイク保管のすすめ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP