ヒストリー

『トップ・ガン』でトムが乗ったA2からA5まで【カワサキGPZ900Rの歩み:1985〜1988】

前回の記事では原点「GPZ900R A1型」を紹介しました。
ここからは最終型「A16型」まで、カワサキGPZ900Rのモデル変遷を紹介していきます。

とは言っても外観面での大きな変更はなく、ほぼそのままの姿で約20年間愛され続けたGPZ900Rのデザインがいかに洗練されていたかがうかがえます。
今回はA2型からA5型までを見ていきましょう。カラーリングの変更がメインですが、A5型は一部細かいパーツが変更されています。

1985年 カワサキGPZ900R A2型

映画『トップ・ガン』の劇中でトム・クルーズが乗ったのがA2です。
劇中のGPZ900Rはアンダーカウルが取り外されており、「kawasaki」のロゴや「Ninja」のロゴも外されています。また、カラーリングはGPZ750R専用色に塗り替えられていました。

1985年はカラーリングは欧州仕様と同じ設定となる、オーストラリア仕様が初めて設定されました。
カワサキらしい「ライムグリーン×ポーラホワイト」のカラーリングは意外にも南アフリカのみでの販売でした。

中古車価の目安:30万円台〜約100万円(2019年時点。大幅にカスタムが施されたものなどを除く)

GPZ900R(豪州仕様)

欧州仕様と同じく、ボディーには「Ninja」のロゴは入っていません。
「ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー」、「ルミナスポラリスブルー×ギャラクシーシルバー」がラインナップされていました。

1985年GPZ900R A2 豪州仕様「ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー」

1985年GPZ900R A2 豪州仕様「ルミナスポラリスブルー×ギャラクシーシルバー」

GPZ900R(US仕様)

ボディーにはお馴染み「Ninja」のロゴが。
US仕様も「エボニー×ファイアクラッカーレッド」のほか、「ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー」も販売されていました。下の写真は「エボニー×ファイアクラッカーレッド」。

1985年GPZ900R A2 US仕様「エボニー×ファイアクラッカーレッド」

GPZ900R(南アフリカ仕様)

南アフリカ仕様専用色「ライムグリーン×ポーラホワイト」。70年代末〜80年代初頭にカワサキのマシンで活躍したGPライダー、コーク・バリントンが南アフリカ出身のため、南アフリカではカワサキ=ライムグリーンのイメージがより強かったのかもしれません。

1985年GPZ900R A2 南アフリカ仕様「ライムグリーン×ポーラホワイト」

 

1986年 カワサキGPZ900R A3型

この年は「弟分」のGPZ600R/GPZ400Rと共通イメージのカラーリングが施されました。
それにともない、フロントフォークのアウターがブラック→シルバーへ。軽快な印象となっています。
欧州仕様は下の写真の「ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー」のほか、「ルミナスポラリスブルー×ギャラクシーシルバー」も継続して販売されました。

中古価格の目安:──

GPZ900R(US仕様)

1986年GPZ900R A3 US仕様「ファイアクラッカーレッド×パールアルペンホワイト」

1986年GPZ900R A3 欧州仕様「エボニー×ファイアクラッカーレッド」

 

1987年 カワサキGPZ900R A4型

新たなカラーリングとして車体上部を赤、下部を白とした「ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー」が欧州仕様などに登場。「ルミナスポラリスブルー×ギャラクシーシルバー」の販売も地域によっては継続されていました。
中古価格の目安:60万円程度(2019年時点。大幅にカスタムが施されたものなどを除く)

GPZ900R(欧州仕様)

1987年GPZ900R A4 欧州仕様「ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー」

 

1988年 カワサキGPZ900R A5型

シックかつ精悍な黒基調のカラーリングが新登場。
なぜかこの年だけ写真が記録に残されている西ドイツ仕様。欧州仕様とカラーリングは共通ですが、国旗がロゴの隣に描かれており、可愛いですね。
A4型までのモデルよりマフラーがほんのわずか長くなり、またフロントブレーキディスクも穴が多いタイプになっています。
「ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー」「ルミナスポラリスブルー×ギャラクシーシルバー」の販売も地域によっては行われました。
中古価格の目安:50万程度(2019年時点。大幅にカスタムが施されたものなどを除く)

GPZ900R(西ドイツ仕様)

1988年GPZ900R A5 西ドイツ仕様「エボニー×パールコスミックグレー」

GPZ900R(欧州仕様)

1988年GPZ900R A5 欧州仕様「エボニー×パールコスミックグレー」

(まとめ●モーサイ編集部)

映画『トップガン』新作にも出演!! 今さら聞けないニンジャ「GPZ900R 」とはどんなバイクだったのか? 【始まりのA1編】

なんと21年ぶり! ブリヂストンの定番バイアスタイヤ「BT45」がモデルチェンジして「BT46」に

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【’90s名車列伝】目指すはOVER300km/h!…
  2. 【平成バイク大図鑑5】2000年目前に激化したメガスポーツ最高速…
  3. こんな技術もあったのか!? 変革期、進歩過程で淘汰された「昭和に…
  4. RG500Γ、NS400R、RZV500Rの乗り味は? 編集部員…
  5. 【時代を駆け抜けたバイクたち3】KAWASAKI 900 SUP…
  6. 歴史を彩った名車シリーズ BMW R60
  7. RG500Γ、NS400R、RZV500Rの乗り味は? 編集部員…
  8. これが……カタナにZだって? 名車の名を冠する”アレ…

おすすめ記事

第22回 カフェカブミーティングin青山 11月3日、11月4日に開催 今までになかったまさに「普段着」なライディングウェア 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その7】番外編? 小柄でもブーツ一つでバイクの選択肢はぐんと広がる SP忠男からNINJA250用マフラーが登場 ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近! 【NEW ITEMS】SHOEI VFX-WR GRANT3 【速報&詳細画像】ついに“ハンターカブ”が来たっ! ホンダ・CT125が東京モーターショー2019で世界初公開っ! 大型連休にいってみたいツーリングルート!志賀草津道路編(前編) 【新刊情報】MCクラシック07号9月29日発売!! 【NEW MODELS】新型「SWISH(スウィッシュ)」を発売
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP