ヒストリー

提携したのは技術だけじゃなかった? ヤマハ-トヨタの意外な「同名モデル」

トヨタが生んだ名スポーツ車、2000GT。同車の製造にあたり、ヤマハとトヨタが業務提携を結んだ、というのはクルマ好きの人なら聞いたことがあると思う。
「エンジンはほぼヤマハ製」とも言われ、相当な技術供与がなされたのは想像に難くない。そのお返し……ってことはないとは思うが、あるものがトヨタからヤマハへ提供されていた。それは「シグナス」という車名である。

YAMHA Cygnus Series

シグナス180

シグナス180(1982年)

現在も販売されるヤマハの定番スクーター「シグナス」シリーズ。その原点は1982年に「国産最大排気量のスクーター」のうたい文句で登場したシグナス180で、長距離走行や高速走行も可能な「本格スクーターの頂点モデル」とヤマハは位置づけていた。
そしてその名前は「タフネス・コンフォート・コミューター」をコンセプトに開発された、現行モデル・シグナスXシリーズにも受け継がれている。

2019年に1300台限定で販売されたシグナス-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition。

TOYOTA LANDCRUIZER CYGNUS

一方、同じ「シグナス」の名前を冠したクルマというのがトヨタにもあった。ランドクルーザーシグナスである。1998年に登場したランドクルーザー100のラグジュアリーグレードとして、翌1999年から発売されたモデルだ。ラダーフレームやエンジンなどはランドクルーザー100と共通ながら外装などは専用設計されていた。

ランクルシグナス

ランドクルーザーシグナス(1999年)

→次のページなぜ車名を共用できた?

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【遙かなるグランプリへ6】世界は知っていた…スクランブルレースか…
  2. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(5)ビッグネイキッドの…
  3. バイク=庶民の足は戦後の話!? 高額趣味商品から始まった昭和前期…
  4. 2018年で"デビュー○周年"!【YZF-R1&HAYABUSA…
  5. 【時代を駆け抜けたバイクたち9】トレール・オフロード・アドベンチ…
  6. 映画『トップガン』新作にも出演!! 今さら聞けないニンジャ「GP…
  7. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史3】激し…
  8. 【MCアーカイブ】ホンダNSR250R(1986年10月)

おすすめ記事

【遙かなるグランプリへ3】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだスズキ・マン島TT挑戦史(前編) 【NEW ITEMS】プロテックから「モンキー125/ABS」専用デジタルフューエルマルチメーターが登場!! 2018年で デビュー○周年!【CBX&Z1300&XS1100編】 【オススメ度NO.1アイテム特集!】防水&インナー付きで着心地抜群! アルパインスターズの防寒ジャケット 【CLOSE UP!】ARAI XD ヴィットピレン/スヴァルトピレンに試乗すると購入クーポンがもらえる!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP