ヒストリー

提携したのは技術だけじゃなかった? ヤマハ-トヨタの意外な「同名モデル」

トヨタが生んだ名スポーツ車、2000GT。同車の製造にあたり、ヤマハとトヨタが業務提携を結んだ、というのはクルマ好きの人なら聞いたことがあると思う。
「エンジンはほぼヤマハ製」とも言われ、相当な技術供与がなされたのは想像に難くない。そのお返し……ってことはないとは思うが、あるものがトヨタからヤマハへ提供されていた。それは「シグナス」という車名である。

YAMHA Cygnus Series

シグナス180

シグナス180(1982年)

現在も販売されるヤマハの定番スクーター「シグナス」シリーズ。その原点は1982年に「国産最大排気量のスクーター」のうたい文句で登場したシグナス180で、長距離走行や高速走行も可能な「本格スクーターの頂点モデル」とヤマハは位置づけていた。
そしてその名前は「タフネス・コンフォート・コミューター」をコンセプトに開発された、現行モデル・シグナスXシリーズにも受け継がれている。

2019年に1300台限定で販売されたシグナス-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition。

TOYOTA LANDCRUIZER CYGNUS

一方、同じ「シグナス」の名前を冠したクルマというのがトヨタにもあった。ランドクルーザーシグナスである。1998年に登場したランドクルーザー100のラグジュアリーグレードとして、翌1999年から発売されたモデルだ。ラダーフレームやエンジンなどはランドクルーザー100と共通ながら外装などは専用設計されていた。

ランクルシグナス

ランドクルーザーシグナス(1999年)

→次のページなぜ車名を共用できた?

ページ:

1

2

おすすめ記事

【二輪車販売最前線】価格と技術は比例するか? リッタークラスの価格が10年間で2倍以上になった理由とは ベスパ プリマベーラにオレンジ色の特別仕様車が登場 普段使いもできそうなカジュアルな防寒グローブ とっきーのフォトブック、発売決定!「ときひろみ 1st フォトブック Tour」予約受付中!! 【ハンドルまわり快適化計画】突然の雨や泥跳ねからスマホを守る! ヘビーユーザーに超オススメのUA製ハードケース 世界ではカブに匹敵する大人気実用車、ホンダCG125を知っていますか?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. XR750 ハーレー
  1. XR750 ハーレー
  2. ジクサーSF250
PAGE TOP