ヒストリー

「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」を世界耐久チャンピオンマシンと比較する

ゴディエジュヌー1135R

1984年のゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R新車試乗取材時には、「元ネタ」となった本物の世界耐久チャンピオンマシンとの相違点を観察している。
外観は似ているが、フレーム・サスペンション・シートなどには公道走行版とするため、相違点や工夫が見られるのが興味深い。

 

耐久レーサームード満点の車体

ゴディエジュヌー1135R

富士モーターミュージアム(*)の協力を得て、このゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135Rのモデルとなった1982年のワークスマシンと並べてみた。やはり本物の耐久マシンよりも、1135Rはフロントが高く、全体に大柄な印象である。しかし、カウリングとシート形状がそっくりなので、耐久マシンのムードは満点である。

(*)静岡の御殿場市にあった博物館で、現在は廃館している。著名な二輪レーシングマシンや国内外の名車といわれるマシンが数多く収蔵されていた。

1982年の世界耐久チャンピオンマシン(右)と、それをモデルに生み出されたゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R(左)。こうして見るとサイズの差はあまりないようだが、1135Rのほうがフロントフォークが長いことがわかる。

チャンピオンマシンはフレームの後ろ半分、シートレール部分はアルミ角パイプで造られている。スプリントのGPマシンとは違って、カウリングのスクリーンはライダーをすっぽり包み込む高さと幅がある。

以下はチャンピオンマシンのフロントまわり。メーターは1万2000回転まで刻まれたタコメーターが中心にあるのみで、余計なもの一切はない。
フロントフォークはKR譲りの機械式アンチダイブ機構を備えたもの。レーシングマシンだけに全体は1135Rよりこぢんまりとしてまとまりがいい。

ゴディエジュヌー

●チャンピオンマシンのメーター。メーター上にあるのはオイルクーラー。

ゴディエジュヌー

●チャンピオンマシンのフォーク。アンチダイブ機構が備わる。

ゴディエジュヌー

●チャンピオンマシンのハンドルまわり。ハンドル下にはステアリングダンパーが見える。

 

次は1135Rのメーターまわり。Z1000Jのそれと同じで、近代的な台形のメータークラスターに速度、回転、燃料計と各種警告灯が収まる。カウリングやウインカーのステーはアルミ製。取材車の車名末尾シリアルナンバーは39だった。
セパレートハンドルだが比較的高めの位置で乗車姿勢は思ったほどきつい前傾ではない。

ゴディエジュヌー1135R

●1135Rのメーター。ベース車Z1000Jのものをほぼそのまま用いている。

ゴディエジュヌー1135R

●1135Rのハンドル。トマゼリ製で、ドロップ角度などが調整できる。幅はセットされていた状態で640mmだった。120馬力の怪力マシンを制御するにはこのくらいが必要なのだろう。

ゴディエジュヌー1135R

●手前が1135R。シートはレーサーとは違って、柔らかなクッション材が入っていて、乗り心地が考慮されている。

 

当記事は『別冊モーターサイクリスト』1983年3月号の記事を再構成したものです。
(試乗レポーター●大光明克征 写真●金上 学 編集●上野茂岐)

 

あわせて読みたい記事はこちら!!

おすすめ記事

【’80sバイク熱狂時代】長い歴史を持つ各メーカー代表モデルを振り返る “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB オーナーズミーティング〜 【NEWS】マーチエキュート神田万世橋にカワサキのショールームがオープン 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦 歴史も学べちゃう? 2017年の第45回東京モーターショーはカブだらけだった!! 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史①
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP