ヒストリー

連綿と受け継がれてきたホンダ“空冷CBマシン”ヒストリー

遠く’50年代末からホンダのスポーツバイクの車名に用いられ、CB92、CB72、CB77、CB450など、連綿と受け継がれて来た“CB”ブランド。
その名を世界に広く知らしめたのは’69年に登場したCB750Fourだった。

世界を席巻した同車は、日本製の4気筒大型スポーツの祖となり、その後の国内外の2輪史に多大な影響を与え、“ナナハン”という言葉をも生み出した。
そして’70年代前半にはその弟分のCB350Fourや500/550Fourも登場し、マルチスポーツのCBFour時代を築き上げていく。
今回は空冷並列4気筒エンジンを積む歴代のCBを簡単に振り返ってみることにしよう。

 

1969年 CB750Four

CB750Four

’68年の東京モーターショーにてデビューして世界中に衝撃を与え、翌’69年に発売。
世界最大の市場だった北米では英国製ツインが人気を得ており、ホンダも’60年代半ばにはそれらの対抗馬となるDOHCツインのCB450を開発したものの、ねらいを達成することはできず、量産市販車ではかつてなかった並列4気筒エンジンや前輪ディスクブレーキを採用する同車を生み出したのである。
同車は北米や日本はもとより世界中で大ヒットモデルとなり、マルチのホンダを確立した。
世界を席巻した空冷インライン4を積むCBの偉大なる祖となり、今なお多くのファンに愛されている。
OHC並列4気筒はボア・ストローク61.0×63.0㎜、736㏄で、性能は67ps/8000rpm、6.1㎏m/7000rpm。乾燥重量218㎏。
最高速度は200㎞/h。価格は38万5000円だった。
当初クランクケースは砂型だったが、その後大量生産により適した金型に。’70年代半ばにはカフェレーサースタイルのFourⅡに発展する。
 

1975年 CB400Four

CB400Four

’72年に発売されたCB350Fourをベースに、エンジンのボアを4㎜拡大してボア・ストローク51.0×51.0㎜、排気量を408㏄とし、車体を斬新なカフェレーサースタイルで仕上げたモデル。
’74年10月に北米でデビューし、同年12月に日本で発売された。
スクエアな燃料タンク、4into1集合マフラーなどで構成されるスタイルが魅力で大ヒット。翌’75年に免許制度が改正されて中型区分(400㏄以下)が設けられたため、’76年3月にストロークを1.2㎜縮めて排気量を398㏄としたFour-Ⅰ/Ⅱ(コンチハンがⅠでアップハンがⅡ)が加えられる。
408㏄版と398㏄版との外観上の大きな違いはサイドカバーの仕上げで、前者は車体色と同色で塗装され、後者はブラック仕上げ。
また、性能は前者が37ps、後者が36psで、発生回転数は同じ8500rpm。価格はすべての仕様共通で32万7000円。
日本では大人気を誇ったが、北米での販売成績の悪さ、国内での生産体制の改善/合理化のため短命に終わった。
 

1979年 CB750F

CB750F

大ヒットしたCB750Fourも後発のライバルの登場で’70年代半ばには人気が衰え始め、国内外のホンダファンは新しい高性能大型スポーツを熱望していた。
それに応えて輸出用の900とともに開発され、’79年に国内発売されたモデルがCB750Fだった。
DOHC4バルブヘッドの新エンジンはボア・ストローク62.0×62.0㎜、排気量749㏄で、輸出仕様であるCB900Fの77psから68psに抑えられていたが十分な性能で、’78年に登場していたCBX(6気筒)譲りの力強い外観も持ち合わせていた。
また、燃料タンクからサイドカバー~テールカウルまで一体化された車体デザインも大きな魅力。
ジュラルミン鍛造のセパレートハンドル、アルミコムスターホイールなどの最新技術も満載されており、49万8000円の価格も納得できるものだった。
ホンダファンの溜飲を下げたCB750Fは、’79年のFZから1年毎にFA、FB、FCへと進化し、’81年FBの限定車・ボルドール2ではオプションでカウリング付きも登場。
 

1992年 CB750(RC42)

CB750 RC42

’83年末に発売されたCB750FCの後継モデル・CBX750Fなどに積まれていたボア・ストローク67.0×53.0㎜、排気量747㏄の空冷DOHC4バルブ並列4気筒ベースのエンジンをオーソドックスな鋼管ダブルクレードルフレームに搭載し、空冷4気筒CBの後継車として、ネイキッド人気に対応して生み出されたモデルがCB750だ。
歴代CB750に比べると地味な造りで、最新技術も導入されてはいなかったが、十分な性能(75ps/8500rpm、6.5㎏m/7500rpm)と乾燥重量215㎏のバランスのいい車体を有し、スタンダードスポーツとして高い完成度を持っていた。
価格も68万9000円(初代モデル)と手ごろだったために根強い支持を得て、’08年に生産終了となるまで息長く製造販売されたほか、大型二輪免許の教習車としても重宝され、多くの教習所や運転免許試験場で採用された。
 

ファンに問うた2台のコンセプト

’07年の東京モーターショーにホンダは2台のコンセプトモデルを出展した。
大人がもっと気軽に乗って楽しめる大型スポーツのCB1100Fと、それを基本に往年の耐久レーサー・RCBイメージを取り入れた、かつてのCB1100Rを彷彿させるモデルである。

CB1100F

2007年 CB1100F
(コンセプトモデル)

CB1100R

2007年 CB1100R
(コンセプトモデル)

水冷4気筒のCB1300SF/SBが好評を得ている中で、“空冷CB”を市場に問うたのである。
詳細な諸元は表示されなかったが、フレームはエンジンを吊り下げるように搭載する鋼管ダイヤモンドでDOHC4バルブエンジンの排気量は1140㏄、前後のタイヤ径は17インチだった。

それから2年後の’09年、同じく東京モーターショーに市販予定車としてCB1100が出品される。
車名にFは付かず、フレームは鋼管ダブルクレードルに変わり、前後のホイール径は18インチとなるなど細部は異なるが、’07年のコンセプトモデル・CB1100Fの流れを汲むのは明らかで、’10年3月に発売された。
残念ながら「R」は2019年の現在も市販化はされていない。

関連記事

  1. 【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロッ…
  2. 1958年「世界のスーパーカブ」はここから始まった! 「初期型C…
  3. 【時代を駆け抜けたバイクたち2】DUCATI 851・HONDA…
  4. 【’80sバイク熱狂時代】東京モーターショー コンセプトモデルの…
  5. 歴史を彩った名車シリーズ MOTO GUZZI Le Mans …
  6. 【’90s名車列伝】世界中にファンがいる! ZZ-R1100と、…
  7. 部品はなくても気合いと根性でなんとかなる!? オーナーに聞くレア…
  8. 【もう一度乗りたい90年代車】HONDA CB750編 (後編)…

旅に出よう!

おすすめ記事

「スズキVストローム1050XT」8つのサポート機能でより快適・安全なツーリングが! 強化された電子制御機構 【NEW MODEL】HASQUVARNA VITPILEN401/SVARTPILEN401 【NEWS】国道に面していてICからも超近い! 「トライアンフ群馬」が7月6日にグランド・オープン! 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION GRIPS 【NEW MODELS】TRIUMPH STREET TRIPLE RS 新色登場! レンタル819とKTM&ハスクバーナがコラボ! 人気モデルにお得に乗れてグッズももらえる! 【NEW MODEL IMPRESSION】電子制御で上質な足周りに ドゥカティ DUCATI ムルティストラーダ950S スーパーカブC125をドレスアップするアルミ削り出しアイテム HONDA本気の電動バイク! ビジネスモデルのBENLYと三輪のGYROが東京モーターショーで初公開! シリーズ初となるLEDライトを装備したモト・グッツィV7IIIストーン ナイトパックが登場
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP