ヒストリー

エルシノアやTYが登場! 70年代「ナナハン」ブームの後に来た、高性能オフロード車の時代

エルシノアやTYなどオフロードバイクの名車が続々登場した時代

1960年代末から大排気量大型車で世界の2輪業界をけん引する立場になった日本勢だが、オンロードスポーツ車に続き新たに力を入れ始めたのがオフロードの分野である。
もっとも1969年にヤマハがDT-1/AT-1を発売して以来、日本のオフロード車は急速な進化を遂げていたのだが、その進化に拍車をかけたのが、ホンダが四半世紀ぶりに新規開発した2ストローク車、1972年型/1973年型エルシノアだった。

ELSINORE

ホンダ エルシノア●モトクロッサーのエルシノアCR250M/CR125M、保安部品付き公道モデルのエルシノアMT250/MT125が同時開発された(エルシノアMT250/MT125ホンダは公道モデル初の2ストエンジン車となった)。CMには映画スターのスティーブ・マックイーンが起用されたことでも有名。

ホンダ エルシノア MT250

エルシノアMT250●公道モデルのエルシノア。エンジンは空冷2サイクル単気筒で、最高出力23馬力を発揮した。国内版は1973年の登場。

また1973年は日本の「トライアル元年」とも言える年で、ホンダはバイアルスTL125、ヤマハはTY250を発売。
この2台で画期的だったのは、バイアルTL125にスサミー・ミラー、TY250にミック・アンドリュースと、開発に関与したトライアル選手の名前をPRの前面に押し出したこと。
翌1974年に登場したスズキRL250(ゴードン・ファリー)、カワサキKT250(ドン・スミス)でも、同様の宣伝活動が行われた。

TL125

ホンダ バイアルスTL125●日本初のトライアル車として知られるTL125。トライアル車では定番だった2ストではなく、あえてホンダは4スト単気筒を選択した。1975年には250cc版が登場。

TY250

ヤマハTY250●海外では1973年、日本では1974年に発売が始まったヤマハ初のトライアル車。開発ベースはDT250だが、ほとんどの部品は新規製作された。

(レポート●中村友彦 編集●モーサイ編集部・上野)

※本記事は旧車二輪専門誌『モーターサイクリストCLASSIC』2019年4月号に掲載されているものを再構成・編集しています。

 

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

「DJ ・1」や「チャンプ」などのカッ飛びスクーターが大流行! 80年代後半も続く「50cc原チャリ大戦争」【1988-1989年編】 【NEWS】ホンダが鈴鹿8耐と全日本ロードレースにワークス参戦! 事故のない毎日の実現のために! ダンロップが全国タイヤ安全点検を実施 モトサービスエッジ 土方の トラブルから考える二輪車メンテ Vol.1「コールドスタートなのにアイドルアップしない!?」 スーパーカブC125とモンキー用の補修エアエレメントが登場 「燃費70km/L超え」に驚いた! スーパーカブC125で400km走って実燃費を確かめてみた!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP