ヒストリー

短命に終わったホンダ渾身の大排気量2ストマシン、NS400Rってどんなバイク?

●奥に同様なカラーリングのワークスNS500(スペンサー車)を並べる、ロスマンズカラーのA4版一枚物カタログ。これ以外に標準車(トリコロール)の10ページ構成のカタログも存在し、そちらではNS500とのメカの近似性を比較しており、資料性が高い。

 

’85年5月10日に発売されたWGPレプリカ・NS400R

ホンダがGPでのレース活動を再開したのは’79年。
これは4サイクルのNR500による挑戦であったが、ついに一勝もできず主力機を2サイクルのNS500へと移行。
天才F.スペンサーを擁してヤマハとの接戦の末、勝利を再び勝ち取ったのは’83年のことだった。

ホンダ初のアルミフレーム採用車として’84年に投入されたNS250Rは、前年型MVX250Fでの反省を生かして新設計のV型2気筒に転換。
その名に恥じぬ完全なレーサーレプリカスタイルも実現しており、その上級版として’85年に発売されたのがNS400Rだ。
デビューは’84年秋のIFMAケルンショー。

NS250R(1984)●市販レーサーRS250Rと並行して開発が行われた、ホンダ初のレーサーレプリカ。前輪16インチにアンチダイブ機構TRAC、排気デバイスATACなどの装備はNS400Rに先んじて採用。なお、より安価な鉄フレーム+ノンカウルのNS250Fも併売された

●’83年発売のMVX250F。後ろバンクの焼き付きが多発し、ホンダが対策に追われたモデルだ

心臓部はMVX250Fと同型式の前2気筒、後1気筒の水冷V型3気筒。
実はMVX250Fの上級版としてMVX400Fを販売する計画があったのだが(販売店向け内部資料が存在)、MVX250Fの不振により量産は中止され、心臓部がNS400Rに流用されたと言われる。

NS500の心臓部は前1気筒、後2気筒でNS400Rとは逆の配置ながら、Vバンク間に3つのキャブレターを収めている点や、アルミ角パイプを用いたダブルクレードルフレームの形状はワークスNS500によく似ている。
ホイールデザインについても特徴的なNSコムスターを再現しており、この点もRZVやRG-Γよりレプリカ度は高い。

●NS400Rの型式名はNC19。ロスマンズ仕様車の正式な色名称はアリューシャンブルー×シャスタホワイト。標準車に対するスペシャルエディションとして設定されたが、価格も発売日も同じである

●こちらは標準のトリコロール車、正しくはファイティングレッド×シャスタホワイト。ロスマンズも含め車台番号はNC19-1000026〜

ただ排気量は387㏄のみの設定でヤマハやスズキのような500㏄版が存在しない。
より多くの中型免許ユーザーへ向けた対応と言えるが、このためリアルGPレプリカとは呼べず、NS500Rがあればと惜しまれる点である。
なお輸出仕様も存在し、フルパワー仕様は72ps/9500rpmを公称。
またホンダ製公道用2サイクル車としては最大排気量となる。

NS400Rが投入された’85シーズンは、ホンダのF.スペンサーが250/500㏄両クラスでダブルタイトル獲得の快挙を成し遂げている。
NS400Rもまた一代限りであったが、以降はNSR250Rがその役目を担っていくことになる。
 

ホンダNS400R 主要諸元

●エンジン 水冷2サイクルV型3気筒ピストンリードバルブ 57.0×50.6㎜ 総排気量387㏄ 圧縮比6.7 気化器TA09 点火方式CDI 始動方式キック

●性能 最高出力59ps/8500rpm 最大トルク5.1㎏m/8000rpm 燃費29㎞/ℓ(60㎞/h)

●変速機 6段 変速比①2.500 ②1.714 ③1.333 ④1.111 ⑤0.965 ⑥0.866 一次減速比2.481 二次減速比2.500

●寸法・重量 全長2025 全幅720 全高1125 軸距1385 最低地上高135 シート高780(各㎜) キャスター27°05’ トレール100㎜ タイヤサイズⒻ100/90-16-54H Ⓡ110/90-17-60H 乾燥重量163㎏

●容量 燃料タンク19.0ℓ オイル2.0ℓ

●発売当時価格 62万9000円/1985年5月10日

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. モノサス、ターボ、アルミフレーム…… 現代のバイクシーンにつなが…
  2. 2020年で40周年! スポーツ車の新境地を開拓した「最後の2ス…
  3. 歴史を彩った名車シリーズ MOTO GUZZI Le Mans …
  4. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(4)高出力化への新たな…
  5. 【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた…
  6. 1958年「世界のスーパーカブ」はここから始まった! 「初期型C…
  7. 【時代を駆け抜けたバイクたち1】ホンダCBR900RRファイヤー…
  8. ゴディエジュヌー1135R 「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」を世界耐久…

おすすめ記事

【NEW MODEL】MVアグスタとピレリのコラボレーションモデル、DRAGSTER 800 RR PIRELLIが世界限定200台で発売 東京モーターサイクルショーでとっきーと2ショット撮影! 3月23日編 プライベーターが作り出したRZ500R 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part3〜 【NEWS】ミラノショーで話題となったKTM 『新型790 ADVENTURE』デビューフェア開催!! 歴史は続く……“古き良きスタイル”がバイクユーザーに支持されるワケ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP