ヒストリー

短命に終わったホンダ渾身の大排気量2ストマシン、NS400Rってどんなバイク?

●奥に同様なカラーリングのワークスNS500(スペンサー車)を並べる、ロスマンズカラーのA4版一枚物カタログ。これ以外に標準車(トリコロール)の10ページ構成のカタログも存在し、そちらではNS500とのメカの近似性を比較しており、資料性が高い。

 

’85年5月10日に発売されたWGPレプリカ・NS400R

ホンダがGPでのレース活動を再開したのは’79年。
これは4サイクルのNR500による挑戦であったが、ついに一勝もできず主力機を2サイクルのNS500へと移行。
天才F.スペンサーを擁してヤマハとの接戦の末、勝利を再び勝ち取ったのは’83年のことだった。

ホンダ初のアルミフレーム採用車として’84年に投入されたNS250Rは、前年型MVX250Fでの反省を生かして新設計のV型2気筒に転換。
その名に恥じぬ完全なレーサーレプリカスタイルも実現しており、その上級版として’85年に発売されたのがNS400Rだ。
デビューは’84年秋のIFMAケルンショー。

NS250R(1984)●市販レーサーRS250Rと並行して開発が行われた、ホンダ初のレーサーレプリカ。前輪16インチにアンチダイブ機構TRAC、排気デバイスATACなどの装備はNS400Rに先んじて採用。なお、より安価な鉄フレーム+ノンカウルのNS250Fも併売された

●’83年発売のMVX250F。後ろバンクの焼き付きが多発し、ホンダが対策に追われたモデルだ

心臓部はMVX250Fと同型式の前2気筒、後1気筒の水冷V型3気筒。
実はMVX250Fの上級版としてMVX400Fを販売する計画があったのだが(販売店向け内部資料が存在)、MVX250Fの不振により量産は中止され、心臓部がNS400Rに流用されたと言われる。

NS500の心臓部は前1気筒、後2気筒でNS400Rとは逆の配置ながら、Vバンク間に3つのキャブレターを収めている点や、アルミ角パイプを用いたダブルクレードルフレームの形状はワークスNS500によく似ている。
ホイールデザインについても特徴的なNSコムスターを再現しており、この点もRZVやRG-Γよりレプリカ度は高い。

●NS400Rの型式名はNC19。ロスマンズ仕様車の正式な色名称はアリューシャンブルー×シャスタホワイト。標準車に対するスペシャルエディションとして設定されたが、価格も発売日も同じである

●こちらは標準のトリコロール車、正しくはファイティングレッド×シャスタホワイト。ロスマンズも含め車台番号はNC19-1000026〜

ただ排気量は387㏄のみの設定でヤマハやスズキのような500㏄版が存在しない。
より多くの中型免許ユーザーへ向けた対応と言えるが、このためリアルGPレプリカとは呼べず、NS500Rがあればと惜しまれる点である。
なお輸出仕様も存在し、フルパワー仕様は72ps/9500rpmを公称。
またホンダ製公道用2サイクル車としては最大排気量となる。

NS400Rが投入された’85シーズンは、ホンダのF.スペンサーが250/500㏄両クラスでダブルタイトル獲得の快挙を成し遂げている。
NS400Rもまた一代限りであったが、以降はNSR250Rがその役目を担っていくことになる。
 

ホンダNS400R 主要諸元

●エンジン 水冷2サイクルV型3気筒ピストンリードバルブ 57.0×50.6㎜ 総排気量387㏄ 圧縮比6.7 気化器TA09 点火方式CDI 始動方式キック

●性能 最高出力59ps/8500rpm 最大トルク5.1㎏m/8000rpm 燃費29㎞/ℓ(60㎞/h)

●変速機 6段 変速比①2.500 ②1.714 ③1.333 ④1.111 ⑤0.965 ⑥0.866 一次減速比2.481 二次減速比2.500

●寸法・重量 全長2025 全幅720 全高1125 軸距1385 最低地上高135 シート高780(各㎜) キャスター27°05’ トレール100㎜ タイヤサイズⒻ100/90-16-54H Ⓡ110/90-17-60H 乾燥重量163㎏

●容量 燃料タンク19.0ℓ オイル2.0ℓ

●発売当時価格 62万9000円/1985年5月10日

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【MCアーカイブ】ホンダCBX400F(1982年1月)
  2. 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史②
  3. いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスー…
  4. 【遙かなるグランプリへ7】我が道を行くカワサキ 世界GPに衝撃を…
  5. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(1)750登場前夜
  6. 【時代を駆け抜けたバイクたち3】KAWASAKI 900 SUP…
  7. RG500Γ、NS400R、RZV500Rの乗り味は? 編集部員…
  8. 史上空前のバイクブームはやはりスゴかったッ! 昭和時代400cc…

おすすめ記事

あのカワサキ「Z」はZでなかった?<その1> リチウムイオンバッテリー「HYバッテリー」 一般発売開始&東京モーターサイクルショーに出展! 35年の歴史に幕 ヤマハ・セローの国内生産・販売が2020年で終了 【NEW ITEM】SHOEI NEOTECⅡ 「スーパーカブを遊び倒せ!」限定のスーパーカブ90用チューニングキットが残りわずかに 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(4)高出力化への新たな潮流
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ホンダ XR100R
ホンダ XR100R
PAGE TOP