ヒストリー

【’90s名車列伝】目指すはOVER300km/h! ’90年代最速マシンの象徴、ZZ-R1100の挑戦(後編)

●ZZ-R1100

→:前編はコチラ

※本記事は別冊Motorcyclist2011年9月号に掲載されていたものを再編集しています。

 

時代が求めた完成度

当時、突出した動力性能を有していたZZR1100だが、須田さんはエンジン内部には特別な部分はないと語る。
「基本はGPZ900Rと同じですからね。でも、1000cc超の水冷直列4気筒・DOHC4バルブで吸気方式はダウンドラフト。全体的なパッケージは悪くありませんよ」

●GPZ900R

当時のライバルを見ると、135psのホンダCBR1000Fは998cc、145psのヤマハFZR1000は989ccと排気量で劣り、143psのスズキGSX-R1100は1127ccと、排気量はZZ-R1100(1052cc)を上まわるが、ホリゾンタル吸気と空油冷という不利を抱える。
実際にチューニングを進めても、ZZ-Rはトントン拍子にパワーが上がったと須田さん。
「もちろん、チューニングが進めば壊れ出しますが、少なくともGSX-Rよりはパワーを引き出しやすかった。でも、ZZ-R1100の最高速が突出していたのは……これはラムエアですよ。状況によっては10ps近く上乗せできるんですが、これがなかったら、私はZZ-Rを手掛けることはなかったでしょうね」

須田さんは自身でもラムエアを研究したことがあるそうだが、カワサキ製ラムエアシステムのシンプルかつ考え抜かれた、完成度の高い構造には目を見張ったという。
「ノーマルのファインチューン、つまり街乗り仕様のままで300km/hがねらえる。ZZ-R1100はそんなポテンシャルを備えた初めてのバイクでした。それって楽しいじゃないですか。一般のライダーが300km/hバイクを、自分の足として楽しめるんですよ」

宮崎さんもこう証言する。
「当時は未完成というか、速いけれどもピンポイントで、僕らですら操縦が難しいようなバイクも多かった。どうもおかしいぞ……と感じることが増えていた折、抜群に速くて乗りやすい、圧倒的な完成度のZZ-R1100が登場する。『そうそう、これなんだよ。今オレ達が欲しいのは!』って、思わず肩入れしたくなるような雰囲気があったんだ」

そうした完成度の高さを、なぜZZ-R1100は持ちえたのか。
この一因に’92年に迫っていたEC(現EU)統合が考えられる。
当時はECが統合されれば、ドイツやスイスが採用していた2輪車100ps規制が“欧州全土に適用される”という観測が広がっていたのだ。

ZZ-Rは、蓄積してきた最速車のノウハウを注ぎ込める最後の1台になる。’90年というZZ-R1100の登場タイミングが“最後の最速車”というモチベーションを開発陣に抱かせたことは間違いないだろう。
カワサキにそういう想いがあったことは、当時ZZ-R1100を取り上げた本誌の記事に『最後のスーパーバイク』『今後こういったバイクは造れない』といった開発者のコメントがあることからも伺い知れる。

結果、ZZ-R1100は無類の完成度を誇る1台となった。
しかし、その大ヒットには車両の完成度以上に、時代背景や周辺事情といった複合的な要件が、これ以上ないドンピシャのタイミングで合致した印象を受ける。

須田さんは「ウソみたいにいい時代だった」と言う。
日本はバブルのまっただ中で、二輪業界にも活気があり、騒音や排ガスといった規制も今ほどは厳しくなかった最後の時代。
そのすべてを味方に付けて、結果的に時代の象徴となったのがZZ-R1100だったのだ。

 

“300”が目前だった時代

バランス取りや芯出しなど、ノーマル部品のファインチューンにこだわり、キャブもマフラーもノーマルのドクター須田・ZZ-R1100は、モーターサイクリスト誌’91年3月号で実測301.7㎞/hを記録。
ライダーはもちろん宮崎さんで、「風圧でブレーキレバーが押される」「Gに耐えられず新品タイヤがバーストする」といった逸話はご存じの方も多いだろう。

 

→:後編はコチラ

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【’80sカワサキZの魅力】そしてライムグリーンは伝説となった(…
  2. ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学大辞典:前編…
  3. 【’80sバイク熱狂時代】NSR史上最高馬力! ライバルメーカー…
  4. これが……カタナにZだって? 名車の名を冠する”アレ…
  5. 【平成バイク大図鑑7】砂漠生まれの実力が旅を進化させた大型アドベ…
  6. 【時代を駆け抜けたバイクたち6】DUCATI MONSTER M…
  7. 【時代を駆け抜けたバイクたち7】Harley Davidson …
  8. 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史①

おすすめ記事

【NEW ITEMS】SHABONDAMA ORIGINAL MIRROR SHIELD 【絶景を求めて】バイクと写す、伊豆の壮観 【NEW ITEMS】SHOEI VFX-WR GRANT3 【東京オートサロン2019】会場の可憐なる華、コンパニオン特集! その2 Z H2が2020年初夏、Ninja ZX-25Rが2020年秋ごろを予定! カワサキが注目モデルの国内導入予定時期を公開 【NEW ITEMS】NEXXSからドゥカティ スクランブラー1100用パーツ新発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP