ヒストリー

【偉大なる“発明品”の話】カブの自動遠心クラッチは、カブに何をもたらしたか(前編)

●スーパーカブC50のクラッチAssy。片手で握れるコンパクトなサイズに、カブの走りを支える機能が詰め込まれている。サンプルは’90年代の車両から外したものだが、’58年の初代C100から大きさや基本的な機能はほとんど変わっていない。

大ヒットとなった初代モデル以来、カブは時代の荒波を乗り越え今日まで生き続け、人類史上最多の生産台数を誇る2輪車となった。
それは果たして偶然だったのか。
様々な理由があるだろうが、ひとつに考えられるのが優れた機能を持ち、かつコンパクトな「自動遠心クラッチ」だった。
文/神山雅道

大ヒットの立役者

「蕎麦屋の小僧さんが片手で運転できるように……」

スーパーカブC100の開発話で、必ずと言っていいほど出てくる言葉がこれである。
実際に本田宗一郎がこう発言したかは定かではないが、スーパーカブのコンセプトを簡潔に表現しているフレーズではある。
実際、旧型カブを所有もしくは乗ったことがある人なら、〝片手で〟乗ることもできるのをご存じだろう。
スロットルやフロントブレーキレバーはもちろん、ウインカースイッチも右手で操作できる設計となっており、左手でクラッチ操作も要らないから可能なのだ(安全のため推奨はしないが……)。

カブのクラッチは「自動遠心クラッチ」と呼ばれ、エンジンをかけミッションを入れ、スロットルをひねるだけで発進できる。
シフト操作もスロットルを戻しペダルを踏み込むだけだから、だれでもすぐに扱える。

この簡便さを実現するために、カブのクラッチには「発進時の滑らかな接続」「チェンジ時の強制切断」「始動・エンジンブレーキ時の強制接続」と、3つの異なる機能が詰め込まれているが、構造・作動を正しく理解している人は少ないように思われる。

カブのクラッチの主要部品。一部はアッセンブリーのままであり、また細かいボルト・ナットは省いてあるが概ねこれだけで構成されている。このわずかな点数の部品で、カブをカブたらしめる“3つの機能”を兼ね備えたクラッチを実現しているのだ

カブが大ヒットモデルとなり、長寿を誇ることになった理由……。
それにはこの自動遠心クラッチが成功を収めたことが、大いに役立っていると本誌は考える。
その完成度の高さは、半世紀以上を経た現在に至っても、基本的な部分では一切変わっていない事実が証明していると言えよう。

クラッチとしての作動には直接関係がないものの、“3つの機能”のほかにもさらに別の機能も持たされている。クラッチアウターカバーとクラッチアウター(本体)間にある、ドライバーで指し示す空間がそれだ。これは遠心式オイルフィルターで、ユニットに発生する遠心力により、オイルからスラッジを分離するものだ

また、このクラッチが初作から優れ過ぎていたお陰で、カブ以降のフォロワーモデルを開発した各社が、この自動遠心クラッチに対抗すべく苦心惨憺(さんたん)した歴史もある。

スズキは’62年型セルペットMEで電磁クラッチの市販化を試み、カワサキは流体トルクコンバーターに挑戦した(小型化できず試作のみに終わっている)。
いずれも決定打を打つことはできず、結局のところ各社のほとんどのモデルが、コンベンショナルなマニュアルクラッチを選択していった。だがそれらもほとんどが、いずれ消えゆく運命にあったのである。

『【偉大なる“発明品”の話】カブの自動遠心クラッチは、カブに何をもたらしたか(後編)』はこちら(順次公開)

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!
ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学大辞典:前編
性能は?装備は?何がどう違う? 現行スーパーカブ早分かり最新版!
お宝発掘!? スーパーカブ発売当時の雑誌記事は色々スゴかった!!
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

【厳選!ツーリングサポートアイテム】人気ヨーロピアンミラーが適合車種を増やして復活。カウリングミラーリブラ2なら後方視界がワイドになり安全性を高められる! 色褪せた純正ホイールが化粧直しで金色に輝いた![後輪編] 90年代隠れ名車「カワサキZZR600」リフレッシュ計画【第15話】 北米市場で新型インディアンFTRシリーズを発表

カテゴリー記事一覧