ヒストリー

【傑作昭和レーシングマシン列伝】其の6:近代GPを支えたヤマハパラレルツイン(後編)

●ヤマハ第1期ワークス活動最後のレース、’68年イタリアGP250㏄で、リード&アイビーのRD05Aの遥か後方で争うTD-1Cの(7)J.フィンドレーと(28)G.キース。前者は2周遅れの5位、後者は1周遅れの4位に入賞する。

文●宮﨑健太郎

 

前編はこちら


 

市販レーサーによるタイトル獲得

ギヤボックスは6段まで、そして50㏄は単気筒、125と250㏄は2気筒、350、500㏄は4気筒までという気筒数制限を盛り込んだFIMの新レギュレーションは、’60年代末より順次施行されることとなった。
この改訂による恩恵を、最も受ける立場にあったのはヤマハであろう。

’68年限りで解散したGP開発部門は、規模を縮小しながら市販レーサーを開発していたグループとまとめられ、ロードレーサー、モトクロッサーなどの開発を手がけるようになっていた。
既にTD系を持っていたヤマハは、“GP新時代”を迎えるにあたり、有利な立場にいたのである。

’69年、新しい公道車であるDS-6の登場により、車体・エンジンともにTD-1Cから一新されたTD-2が登場。

●’69年のマン島TT250㏄クラスを走るP.リードとヤマハTD-2。’68年限りのヤマハワークス撤退後、リードはヤマハ製市販レーサーを駆る多くのプライベーターたちのひとりとなった。この年はベネリ4サイクル4気筒とオッサ2サイクル単気筒、そしてMZ2気筒といったワークス系のほかは、ヤマハTDユーザー(そしてTDエンジンを搭載するスペシャル)でグリッドを埋め尽くすという光景が数多く見ることができたシーズンだった。

さらに新ラインアップとして、初の350㏄市販レーサーのTR-2も誕生している。
かつてのワークスRD56に似たフェザーベッド型フレームを持つTD-2は、5月11日に開催された西ドイツGPで、ヤマハ市販レーサー初の世界GP勝利を、K.アンダーソンが達成した。
’69年度の世界GP250㏄クラスは、新規格施行1年前の間隙を縫って、4サイクル4気筒車で参戦したベネリのものとなり、アンダーソンとヤマハは、ともに僅差でライダー/コンストラクター2位の座に甘んじた。

翌’70年、ヤマハはアンダーソンと、R.ゴールドに“セミワークス”のTD-2/TR-2を与えることを発表。
一方、前年の王者K.キャラザースはプライベーターの立場でTD-2ユーザーとなり、ヤマハ・セミワークスのふたりとタイトルを争った。
セミワークス車には6速ミッションが与えられており、スタンダード車よりもトップエンドでのパワーを有効に使えるというアドバンテージを持っていた結果、これを駆るゴールドが世界タイトルを獲得。

●’69年マン島T.T.250㏄クラスを走るR.ゴールドとTD-2。’68年にゴールドはブルタコTSS250の車体にTD-1Cエンジンを搭載したスペシャルに乗り、年間ランキング4位を獲得。’70年はセミワークスTD-2で王者となった。

キャラザースが2位、もう1台のセミワークス車に乗るアンダーソンが3位に入った。
以下4位J.サーリネン、5位B.ジャンセン、6位C.モーティマー、7位G.マルソフスキ……と、キャラザースを筆頭にプライベートTD-2がランキング上位を独占。
新時代の世界GP250㏄クラス盟主の座に、悠々とヤマハは着くことができたのである。

翌’71年は、P.リードが250㏄タイトルを獲得することになるが、リードが駆ったのはセミファクトリー車ではなかった。
リードはプライベーターの立場で、この年マイナーチェンジを受けたTD-2Bをモディファイし、セミワークス車に乗る王者、ゴールドとタイトル争いを繰り広げたのである。
タイトルの行方は最終戦スペインGPまでもつれたが、ゴールドがメカニカルトラブルで脱落し、2位に入賞したリードにタイトルがもたらされた。
この瞬間こそ、TD系誕生10年目にして、ついに市販レーサーによる250㏄ワールドタイトル獲得が実現した瞬間であった。

●P.リードはチェニー製フレーム、H.ファスがチューニングしたエンジンを搭載するスペシャルに乗り、’71年にはセミワークスTD2Bを破り、プライベーターながら250㏄クラスのチャンピオンとなった。

翌’72年は、’71年に発売された公道車、DS7=DX250とR5=RX350を母体とするTD-3/TR-3がデビューする。
両車は主要部品を共用化させることを念頭に開発され、TD-3はついにYDS-1以来の垂直分割ケース、カムプレート式変速機に別れを告げることとなった。
この改良は製作コストの削減を主に施されたが、将来の6速化を考慮しても必須の処置でもあった。

●TD-3は伝統のBS値=56×50㎜を廃し、54㎜スクエアを採用。350㏄のTR3(64×54㎜)との、部品共用化が図られていた。この仕様変更は、250/350㏄両クラスに参加するライダーに歓迎された。

’73年の水冷TZシリーズ誕生以降も、ヤマハ製市販2気筒レーサーは、ワークスへのステップアップへの手段としてプライベーターに愛され続けた。

●’73年の初代TZ250Aは、TD-3の車体にワークスバイクからフィードバックされた水冷エンジンを与えたような仕様だった。最高出力は44psとTD-3と同等だが、冷却性能の向上により安定した性能を発揮することが出来た。

また、’82年のJ.L.トアナドルにより、プライベーターのTZ250がワークス系チームを打ち破って250㏄のタイトルを獲得するという快挙が、’71年のリードとTD-2B改に続き成し遂げられたことが示すように、一線級のワークス・イーターとしての地位を保ち続けたのである。

●’76年型のTZ250Cは、前後ディスクブレーキとモノクロスサスを採用している。その後年々TZ250/350はアップデートされていくが、’90年型でVツインエンジンとなり、パラレルツインの血統が途絶えることとなった。

 

★『浅間から世界GPへの道』 現在発売中!!★

浅間レースから現代に続く日本レース史を扱っている『浅間から世界GPへの道-昭和二輪レース史1950〜1980』、現在好評発売中です!
1950年代当時、国内には舗装路のレースなど無く、ダートでのレースしか知らなかった日本のバイクメーカー。舗装路を走るノウハウなど全く無かった日本メーカーがどのようにして国外のレースに挑んだのか、男たちは何を胸に抱きバイクを走らせたのかが分かる貴重な一冊となっております。現代では世界トップクラスの実力を誇る日本のバイクメーカー、FIM世界耐久選手権など多くのレースが行われる鈴鹿サーキットがもたらした新しいモーターサイクルの歴史、戦後国産メーカー工場レーサー系譜図鑑など、これさえあれば日本の二輪レース史が丸分かりできるボリュームとなっております。
また、サーキットとしての公式レースの幕が下りることとなった、幻の’59浅間火山レースのカラー映像、それから’59第1回全日本モトクロス信太山大会も収録されています!
ぜひお手にとって、先人たちの熱い思いを感じてください!

アマゾンの購入サイトはこちら!!

 

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【’80sバイク熱狂時代】スーパーカブとライバルたちが繰り広げた…
  2. 【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロッ…
  3. あのカワサキ「Z」はZでなかった?<その2>
  4. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史1】二大…
  5. 【バイク熱狂時代は永遠に:2】そこには守るべき“ルール”があった…
  6. あのカワサキ「Z」はZでなかった?<その1>
  7. 【バイク熱狂時代は永遠に:3】レプリカヘルメットやスーパークロス…
  8. 歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 900SS

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEWS】本日13時からB+COM SB6X アップデートプログラム配布開始! ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学大辞典:前編 新型は強気の”下剋上”バイク!? YZF-R25開発陣インタビュー(前編) 【’80sバイク熱狂時代】進化が止まらなかった、’80〜90年代2サイクルマシン変遷史(後編) 全社・全車・全色の総合カタログ「最新バイク図鑑2018-2019」2018年3月16日発売! ときひろみの「私に乗せなさい!」Side Story 初めてのヘルメットフィッティング 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(6)リッターオーバー時代へ 【NEWS】KADOYAサマーバーゲン2nd情報!次は仙台だ! そばを求めて峠を越える〜信州そば紀行2  新行/松川/唐沢/松本〜 【おとなの信州探訪】非日常の佳景を求めて信州ツーリングへ:後編
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP