東北

【バイクで夏旅】夏こそツーリングで北東北へGO!(津軽半島編)

日本における夏の暑さは東西南北を問わないが、2018年の暑さは平年を軽く上まわっている。しかし、ツーリングで夏の北東北まで足を伸ばすことができたなら、その変化をライダーの肌なら感じ取れることだろう。遠くて行きづらいけれど、いつもよりも北へ。最果てムード漂う津軽半島、龍飛崎を目指しバイクを走らせる。「最高の涼」を味わう、少しばかりの知恵を働かせて。

report●五十嵐重明 photo●沖 勇吾/編集部


夜20時の逃避行

 

早起きが苦手でねえ──。

宵っ張りの朝寝坊。余暇を過ごすのに、いきなり苦行から始めるのが馬鹿らしいと、出発予定の朝に出かけなかったこと数知れず。旅先ではかえって早起きになるのだけれど、なぜか自宅では起きられない。

だから今回の旅は夕方出発にしようと決めた。朝4時に出れば青森には昼過ぎに着くけれど、私の〝起床力〟だと、とても現実的には思えない机上の空論だ。しかし、それを12時間ほどずらして夕方16時に出発したらどうだろう? 日付の変わるころには着きそうだ。

夕方出発としたのにはもうひとつ理由がある。涼しくなる時間から走り出すことで、酷暑灼熱喧噪の都会をうまくパスできる。そして、夜のうちに目的地近くまでたどり着いておけば、翌朝、東北の雄大なパノラマをすぐに味わうことができるのだ。朝イチでそんな感慨とともに走り出せることに比べれば、ビジネスホテル代など決して高くはない。目的地まで片道700㎞以上になる移動距離を2日に分散することで、疲労や退屈を回避する効果も得られる。旅のささやかな演出のひとつだ。

結局初日は岩手・一ノ関まで450㎞ほど走り宿泊することにした。ここから青森までは約250㎞。翌日、7時に宿を出れば10時には無理せず到着するのである。

 

20時発一路北へ! 夏旅は夜出発がおすすめだ!

仕事を早抜けして16時に出発する予定が、残務で20時にずれ込んだ。早く行けと、スタッフに追い出されて出発(汗)。

東北道を順調に走り那須高原SAに22時、23時30分福島・国見SA着。本日は2時まで走ることに決め、さらに北へ。

予定より30分早く一ノ関ICに到着。最寄りのビジネスホテルに入り本日の走行終了。遅れをかなり取り戻した。

7時に宿を出て再び北へ。岩手山が顔を見せた。盛岡周辺の広大な景色が昔から大好き。この爽快感が最高なのだ。

 

思い出した〝宿題〟

北へ──涼を求めるには当然の方角ながら、今回の目的地を選ぶ際、私はあることを思い出した。

20年あまり前、学生のころは日本一周もしたし、何度も東北に足を運んでいた。なのに、ついぞ津軽半島だけは訪ねることができなかった。もちろん社会人になってからも青森へは何度も行っているのだが、付け根の五所川原や鰺ヶ沢、深浦、あるいは下北半島はまわっていながら、ここだけが残ってしまったのだ。

関心がなかったわけじゃないのに、なぜかたどり着けなかった。津軽を目的地に何度旅に出ても、下道を流しながら北上していくと、例えば八幡平、あるいは八甲田に寄り道し、五所川原辺りまで来て思い至る。「龍飛崎まで行ってると東京に戻れない!」。……まあ、ソロツーリングなんて行き当たりばったりさと、次の機会を待つうちに、早20年の月日が経ったというわけだ。

では、私はなぜ津軽に興味を持っていたのだろう。それは小学2年のころ流行った「津軽海峡・冬景色」の影響かもしれないし、高校のころにはまった太宰 治の故郷だからかもしれない。あるいは当時読んでいたバイク雑誌の記事の影響か。とにかく自分にとって訪れるべき辺境だったことは間違いない。

社会人になってそんな思いはすっかり忘れていたのだが、「北へ!」というキーワードから、やり残した宿題を思い出したのだ。

 

津軽の走りどころ

●岩木川の河口にある汽水湖、十三湖。

 

●五所川原から北へ向かう国道339号とほぼ並行して走る「米マイロード」。

 

●観光化されているとはいえ、一度は見ておきたいと立ち寄った太宰治の生家、金木駅近くの「斜陽館」。

 

●竜泊ラインを南から走ると、まずこのような荒涼とした海岸線を走り、続いて右頁のようなヘアピンの続く道で標高を一気に上げる。走りも眺めも大満足!

 

●龍飛崎と竜泊。旧字と新字を使い分けるようだ。

 

 

 

ついに念願の龍飛崎

先入観もあるが最果て感はやはり抜群だった。海の向こうの松前半島を眺めながら、その達成感をジンワリと味わった。階段国道は観光化される以前から訪ねたかった場所。標高差70m、362段もあり、上下往復したら息が上がったが、そのぶん海風を涼しく堪能。近くの「青函トンネル記念館」では、坑道を利用し海面下140mに降りて、地底の涼も体験しようと考えたが、16時半発の最終便に間に合わず今回は断念。

 

かつては大型車の通行規制もあった竜泊ラインだが、いまでは完全2車線道となり、ワインディングの路面状態も申し分なし。1290スーパーアドベンチャーは抜群の動力性能と落ち着いたハンドリングで、標高差をものともせず痛快な走りを堪能させてくれた。

 

半島の東の突端、高野崎に向かう途中で見た夕日もまたどこか最果ての雰囲気。津軽で生活する人々は、毎日何を考えてているのだろう……と、妙な想像を巡らせてしまうのだった。

(後編に続く)

 

 

関連記事

  1. 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜…
  2. 【ワインディングニッポン】磐梯吾妻スカイライン(福島県)
  3. 【ワインディングニッポン】 八幡平アスピーテライン(岩手県・秋田…
  4. 春のツーリングに行きたい!全国お薦め旅先セレクション〜東北編〜
  5. Share the view「車上の一幕」を記録に残したい!

旅に出よう!

おすすめ記事

2018年夏 ヤマハYZF-R1M(1/12スケール)発売! ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近! かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(前編) 本日発売! モーターサイクリスト18年9月号 “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜40代以上のホンダ車ユーザー向け ナイスミドルのためのスマートライディングスクール〜 【NEW MODEL】SUZUKI BURGMAN200 【NEW ITEM】BEAMSからPCX125/150用マフラー発売! 注目秋冬ウエア 品質で応える……「GOLDWIN」 【NEW MODEL】SUZUKI V-STROM650/XT ABS 【ワインディングニッポン】磐梯吾妻スカイライン(福島県)

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP