お役立ちノウハウ

新型はリターンの方にもお薦めです!  ゴールドウイング開発陣が語る新型の魅力

▲HONDA GOLDWING TOUR

 

堂々たるフラッグシップモデルにも関わらず、開発陣は「リターンライダーにもお薦め」と太鼓判を押す。2018年の春に国内で発売予定という新型ゴールドウイング、その開発意図とは─。

 

HONDA GOLDWING

 

徹底した軽量化と小型化を追求。"一級品"の乗りやすさを実現

 

新型ゴールドウイングを従来型と比較すると、進化した部分は多岐にわたっている。水平対向6気筒エンジン、アルミツインチューブフレームはいずれも形式こそ継承しているものの新設計で、エンジンは排気量もほぼ同一ながら(1ccアップ)前後長を29㎜短縮、重量は6.2㎏(MT仕様)も軽量化した。

 

1833㏄水平対向6気筒エンジンはボア×ストロークも変更されている

 

車体ではトランク形状を見直して全長を55㎜短縮しながらも、タンデムでの安定性向上をねらいホイールベースは5㎜延長。また、エンジンのコンパクト化に加えて新開発のダブルウィッシュボーンフロントサスペンションの採用により、運転者の乗車位置を前方へ移動することでマスの集中化を図った。

同時に運転者が車体重心に近づくことで優れた重量バランスとハンドリングも実現しているのだ。

 

垂直方向にストロークするダブルウィッシュボーンフロントサスペンションの採用で、前輪とエンジンの距離を短縮。マスの集中化を高めることで車体安定性と軽快なハンドリングを実現。

 

「トルクフィールや乗り心地の向上はもちろんありますが、エンジンの小型化もダブルウィッシュボーンサスペンションの採用も、車体をコンパクトにすることを優先したものです。乗っているときはもちろんですが、乗る前と下りたあとの取り回しを簡単にすることを意図しました。ロングツーリングを雄大に楽しんでいただけるのは当然ですが、毎日街乗りに使ったとしても気軽に走り出せるレベルにしたかったのです。ほかにも車体のコンパクト化を優先するため最高速度を落とし、小型のラジエターを採用しています。大切なのは最高速というカタログスペックではなく、常用域での扱いやすさと乗り心地ですから」(ゴールドウイング開発陣)

 

従来モデル比で車重はおよそ40㎏も軽量化され、400㎏を大きく下回る378㎏に。しかし、それだけにとどまらずDCT仕様では「ウォーキングモード」という微速前後進機能を装備。ホンダの独自機構であるDCTを使った補助装置で、二人乗りしたままで車両を安全確実に取り回すことができる。

前下がりの場所へ駐車してもまったく不安はなく、車両にまたがったままバックできる(6速MT仕様も後退モードは備える)。

 

左ハンドルスイッチには多数のスイッチが並ぶが、直感的に操作できるようレイアウトされる

 

軽量化とコンパクト化、そしてウォーキングモード。加えて4種のライディングモードが用意され、ABS、トラコン、7速DCT、電動調整式サスペンションが連動する。さらに坂道発進を容易にするヒルスタートアシスト。これらの技術が安全性と快適性、そして乗りやすさと扱いやすさを実現している。

「お客様と話していると、本当はこういうのに乗りたいんだけど体力的に無理だから小さなバイクを買った、という体験談を聞くことがあります。新型ゴールドウイングの開発意図は、そういう方にこそ選んでいただき、フラッグシップを体験してもらうことにもあるのです」(ゴールドウイング開発陣)

体格や経験、技量に合ったバイクを選ぶことは大切だし、バイク選びの原則でもある。しかし客観的に見れば、バイクは「転ぶ危険性」という、クルマでは問われない構造的欠点を抱えている。それをどう解消していくかも技術の進歩であり、だからこそ、フラッグシップたるゴールドウイングに与えられたのが「乗りやすさという高性能」なのである。

 

完全刷新! スリム化された車体

新型のアルミツインチューブフレームは、必要な剛性に応じ各部の肉厚を微調整することで、スイングアーム込みで従来型より約2㎏の軽量化を達成している。

 

前後セパレートタイプのシートは長距離走行でも快適さを保ち、フレームや燃料タンクを絞り込むことで745㎜というシート高の数値以上に良好な足着き性を実現している。

 

 


■Specifications [  ]内はツアー、(  )内はツアーDCT

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク水平対向6気筒OHC4バルブ ボア・ストローク:73.0×73.0㎜ 総排気量:1833㎤ 圧縮比:10.5 最高出力:93kW<126.4ps>/5500rpm 最大トルク:170Nm<17.3㎏m>/4500rpm 燃料タンク容量:21.1ℓ 変速機:6段リターン[6段リターン](7段DCT) 【寸法・重量】 全長:2475[2575](2575) 全幅:925[925](905) 全高:1340[1430](1430) ホイールベース:1695 シート高:745(各㎜) 車両重量:336[379](383)㎏ タイヤサイズ:Ⓕ130/70R18 Ⓡ200/55R16

 

関連記事

  1. 【NEWS】2017年のトライアンフ車の国内登録台数が 過去最高…
  2. 春のツーリングに行きたい!全国お薦め旅先セレクション〜九州編〜
  3. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!【ステ…
  4. GOLDWIN GSM22714 GWS Gベクター プロ…
  5. ゴールドウインモーターサイクル 初のPOP UP STOREがO…
  6. 【おすすめ一泊旅】悠々と駆け巡る房総半島横断ツアー その1
  7. 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜…
  8. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜熱い…

旅に出よう!

おすすめ記事

【バイク用品 LONG TERM TEST】MRA X-creen Sport ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近! 夏に食べたい旨い「レア飯」6選 in 信州 Z900RSが最高に気持ちイー! SP忠男製4in1ショート管が登場 【NEW MODEL】HONDA CBR250RR〈ABS〉 歴史を彩った名車シリーズ BMW R100RS SP忠男からNINJA250用マフラーが登場 夏はクシタニミーティング&セールで楽しもう!! 【NEW MODEL】MV AGUSTA BRUTALE800 「セローらしさ」って何だ? 初代の構造に込められた“理念”
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP