トピックス

【EVENT】「カワサキモーターサイクルフェアRE:WIND」でカワサキの歴史に触れる

2月5日(火)から17日(日)までの期間、神戸海洋博物館 大ホールで開催中の企画展示展「カワサキモーターサイクルフェア2019 RE:WIND」。
昭和と平成というふたつの時代に生まれたカワサキのモーターサイクルのなかから「歴史」と「血統」に注目して厳選された20台が、当時の世相や時代を反映した資料と共に展示されるという催しだ。
いったいどのような展示なのか、実際に現地を訪れてみた。

 

カワサキ製二輪車の歴史と血統

 

神戸ポートタワーの至近にある神戸海洋博物館。その大ホールにて行われた「カワサキモーターサイクルフェア RE:WIND」。さっそく展示エリアに足を踏み入れてみると、まずカワサキ W1とW800が対となっている展示が目に飛び込んでくる。

じつはこの展示には仕掛けがあって、中央のディスプレイを操作することでW1並びにW800のアイドリング音やエキゾーストノート、走行音などが視聴できるようになっている。

メインステージを背に展示エリアを見渡せば、時代を彩ったカワサキのモータサイクルが年代ごとに展示されている。

右からメグロK2、メグロSG、コマンダーといった、カワサキ製モーターサイクル黎明期のマシンが並ぶ。壁面には当時のカタログや広告、映像資料が流れるディスプレイが展示されており、実車がリリースされていたころの世相を感じることができる。

70年代を代表するカワサキ車であるマッハ、Z1、W3ももちろん展示。この3台については、もはや解説の必要すらないだろう。

そして時代は80年代へ。「Ninja」のペットネームで一世を風靡したGPZ900Rと、過給器を搭載した750ターボは、それぞれが当時の世相をよく表したモデルであると言えよう。



90年代車のバリオス、エストレア、W650を経て……時代は2000年代のH2、W800、Z900RSへと続いていく。
こうして見ると、昭和と平成というふたつの時代を通してカワサキのモーターサイクルに連綿と受け継がれてきた、熱き血脈が見て取れるようではないか。

残念ながら明日17日で終了となるが、展示車両を通してカワサキの思いを感じることができる素晴らしい企画展示なので、お時間のある方はぜひ神戸海洋博物館に足を運んで欲しい。
なお、明日はオートバイコラムニストとして活躍中のちぱるさんとカワサキ開発者とのトークイベントが行われる。
開催は第1回目が11時〜、第2回目が14時〜となっている。
トークイベント終了後にちぱるさんのサイン会も行われるので、ファンの人は見逃せないぞ。
なおサイン会参加希望の場合は、サイン用の色紙、グッズなどを持参のこと(ひとり1点まで)。

CONTACT

問い合わせ先 カワサキワールド
住所 〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2番2号(神戸海洋博物館内)
電話番号 TEL:078-327-5401   FAX:078-327-5402
URL www.khi.co.jp/kawasakiworld

関連記事

  1. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB…
  2. 【速報】ホンダブースは新型車が目白押し
  3. 【NEW MODEL】SUZUKI V-STROM1000/XT…
  4. 不整地カブの全てが分かる?!「MCクラシック04号」2018年3…
  5. 大野 雅人 作品展 「Cub-jo -カブジョ-」
  6. 【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-…
  7. 【NEWS】ハーレーダビッドソンが認定レンタルバイクを開始
  8. 本日発売開始!ゲームソフト「デビル メイ クライ5」とバイクとの…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW MODEL】YAMAHA XMAX ABS 歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KATANA 【NEW MODELS】 HONDA LEAD125SPECIAL Share the view「車上の一幕」を記録に残したい! 【NEWS】Rナインティなどを対象とする 新しいカスタマイズプログラムを発表 東京オートサロン2019で、敢えて二輪車関連の話題を探してみる その1 “護る”最新アイテム「DAINESE GPS内蔵エアバッグモデル」 【NEW ITEMS】NEXXSからドゥカティ スクランブラー1100用パーツ新発売 【NEWS】2年ぶりに関西地区で ナンカイライダーズmeetを開催! SP忠男からNINJA250用マフラーが登場
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP