トピックス

ホンダが新型軽バン「N-VAN」発売

バイク遊びの幅を広げる!?

ホンダからバイクファンも注目の、新型軽貨物車、「N-VAN」(Nバン)が登場した。人気軽自動車「Nボックス」とプラットフォームを共用したモデルだが、助手席とリヤシートを前倒しにすれば、125ccクラスのバイクであれば楽に積載できる広大なスペースを作り出せるのだ!

見よ! 新型モンキーだって余裕で積み込める広大なスペースを!
信じられます? これで軽自動車なんです。

 

搭載されるエンジンは658㏄3気筒で、53馬力を発揮するNAモデル(自然吸気)と、64馬力を発生するターボモデルの2種を設定。トランスミッションはグレードにより無段変速のCVTと6速MTが用意され、4WDも選べる。

さらに、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、車線維持支援システム、前を走るクルマに追従するアダプティブ・クルーズ・コントロールなどの先進安全機能「ホンダセンシング」も全車標準装備(6速MT仕様は一部のみ)。

バイク遊びの幅を広げるセカンドカーとして……いや、この高い安全性と優れた積載はファーストカーとして選んでも満足できるはず!

 

モンキー125を積載するときの様子。室内高は1365㎜なので多少かがむ必要があるが、荷室のフロア高(地面からの高さ)は525㎜とライバルとなる軽1ボックス貨物と比べても100㎜以上低く、ラダーレールを使っての積載はスムーズに行えた。

 

タイダウンなどを引っかけるフックポイントは全部で8か所あるので、バイクもしっかりと固定できる。

 

ほかにも荷室左右壁面とテールゲートに普段はキャップで隠されたM6サイズのネジ穴が28か所もあり棚やパイプを取り付け可能なので、サーキット用トランポとして使う場合はレーシングスーツをつるすことなどもできるだろう。

 

助手席側はピラーレスなので、積載時の荷室へのアクセスが容易。フロントのドアも90度近く開くのも荷物積み込み時に重宝する。


■Nバン価格 126万7920円〜179万9280円

(問)ホンダお客様相談センター FREE0120-112010

http://www.honda.co.jp/auto/

関連記事

  1. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB…
  2. 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-2
  3. 歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KAT…
  4. 【新刊情報】MCクラシック07号9月29日発売!!
  5. 【NEW MODEL】HONDA CB125R
  6. 【速報】東京モーターサイクルショー、開催中!
  7. 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-3
  8. GOLDWIN GSM22714 GWS Gベクター プロ…

旅に出よう!

おすすめ記事

関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜伊豆編〜 【NEW ITEMS】YAMAHA BIKINI COWL 【速報】ホンダブースは新型車が目白押し 【新刊情報】KADOKAWA スニーカー文庫『スーパーカブシリーズ』 【NEW MODELS】DUCATI MULTISTRADA 1260/S 2018年夏 ヤマハYZF-R1M(1/12スケール)発売! Share the view「車上の一幕」を記録に残したい! 【NEW ITEM】Alpinestarsの新作スリーシーズンジャケット 【NEW MODELS】 HONDA LEAD125SPECIAL “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜40代以上のホンダ車ユーザー向け ナイスミドルのためのスマートライディングスクール〜
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP