トピックス

JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集めてみました 〜SASAKI Z2 K& H SPL 1977年ウェッジシェイプの巻〜

▲ハニカムパターンのホイールはSP忠男製。バックステップは純正を逆向きに装着するジェロニモ

外装キットには「幻」と前置きが付く名品がある。
1977年に「紀一と博FRP研究所」が発表したこれがまさにそれだ。

<時代が生んだフォルム>

70’年代のヴィンテージカスタムを目の当たりにした時、あのときめきを思い起こす。「あの」とは40年ほど前に少年たちを熱狂させたスーパーカーブームだ。雑誌やテレビでしか見ることのないフェラーリやランボルギーニの実物をショーで見た時の興奮。70’年代カフェレーサーには、あのオーラがある。

その最たるマシンがこれではないか。佐々木和之さんの74’年式Z2には、77’年東京モーターサイクルショーで発表され市販が開始された紀一と博FRP研究所(K&H)製スペシャルパーツが装着されている。

左右に張り出したビッグタンクは同社得意の造形だが、目を見張るのは巨大なウェッジシェイプのテールカウル。デザイン・製作した中山博さんはスーパーカー好きであり、当時、空前のスーパーカーブームであったことを思えば、その造形美を大胆に取り入れたのだと推察できる。

このボディキットは28セットしか製造されなかった(当時28万円)。それがこうして現代に生き続けていることは、ひとつの奇跡である。

エンジンは860ccにスープアップ。マフラーは初期ウエダレーシング製だ

ディスコボランテよろしく張り出したビッグタンクもFRP製で容量は25リットル。英国製キャップ(おそらくエノット)もオリジナル整備品

突き出たテールフィンにはブレージランプとウインカーが内蔵される。当時の車両メーカーもやっていなかった斬新さ。テールカウルの内部は大きめの小物入れ(ツーリングボックス)

本文:甲賀精英樹

写真:佐藤正巳

※本記事は八重洲出版発行のムック「THE JAPANESE CAFERACERS」(ネット書店、全国書店で絶賛発売中!)の記事を転用しています。

第2弾の「THE JAPANESE CAFERACERS 2」は9/28発売予定!

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-…
  2. 【NEWS】爽やかな笑顔に癒やされる「ベスラブレーキガール」を開…
  3. 匿名係長 第2回 ホンダNC700シリーズの巻
  4. ホンダ・ゴールドウイングが17年ぶりにフルモデルチェンジ
  5. TRIUMPHという価値「新星登場」
  6. 東京オートサロン2019で、敢えて二輪車関連の話題を探してみる …
  7. 【NEW MODELS】 KAWASAKI Z900RS CAF…
  8. 「ふっこう割」で行く、北海道・十勝のうまいもの巡り-2

旅に出よう!

おすすめ記事

激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史③ ベテランツーリングライダーの実体験 なぜスーパーカブは「冒険」すら可能なのか? スズキGSX-Sシリーズのムック登場! 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜那須・日光編〜 徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しませてくれるのか? 注目秋冬ウエア 安全こそ全て……「DAINESE」 【CLOSE UP!】 FORMA アーバンシリーズ ソウル 125㏄に進化して遊べる&使える! 大きいモンキーはどうでしょう? 【キャンペーン】北信州の自然を感じる上質なツーリングはいかが? 【NEW MODEL】SUZUKI GSX-S750 ABS
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP