トピックス

陽気なイタリアのバイクミーティング!

■小さなバイクの陽気なミーティングを発見!

弊社の自転車雑誌「サイクルスポーツ」の取材でイタリアへ出張していた特派員より「なんか面白いバイクがいっぱいいた!」との連絡が。なんでもイタリアのバッサーノという街で開催されていた、’60年代から70年代に製造された50ccバイクのミーティングだという。

主催していた「Motoclub Ponte di Bassano」の陽気なメンバーが撮影を許可してくれたそうなので、そのうちの数台をご紹介しよう!


■MOTO BIMM

 

1960年代から80年代にかけて、50㏄から125㏄までの車両を生産していたというモトビーム社製のバイク。1971年にはフランコ・ラヴァグリのライドにより、イタリア選手権50㏄クラスで優勝する快挙を成し遂げた。

車両の名称までは不明だが、スリムな車体とロングタンクが何ともいえない雰囲気を醸し出しています。

 


■DUCATIスクランブラー

ドゥカティの50㏄と言えば原動機付自転車のクッチョロが有名だが、こちらは1968年に発売されたドゥカティスクランブラー。

現在のスクランブラーにも通ずるデザインですね。

 


■……自転車じゃないんですか?

これはかなり珍しい! Wilier(ウィリエール)の原動機付自転車。

ウィリエールといえば、イタリアの自転車メーカーとして有名ですが、一時期だけモーターサイクルを生産していた時期があったそうです。


世界中でこんなイベントがたくさん行われているんでしょうね。

また機会があったら紹介したいものです。

関連記事

  1. 徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しま…
  2. 【キャンペーン】北信州の自然を感じる上質なツーリングはいかが?
  3. 一番の美女は誰だ!?東京モーターサイクルショー2018美女図鑑!…
  4. 東京オートサロン2019で、敢えて二輪車関連の話題を探してみる …
  5. 【NEWS】鈴鹿2&4レースの冠スポンサーが決定
  6. オーナー達による「NIKEN本音語り」! NIKEN/GT EX…
  7. ヤマハ TRACER900ツーリングサポートキャンペーン実施中!…
  8. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜40…

旅に出よう!

おすすめ記事

【CLOSE UP!】HYODウインドブロックヒートアパレル 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】02.rpm:慣らし運転でバイクを可愛がる 【NEW MODEL】HASQUVARNA VITPILEN401/SVARTPILEN401 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION GRIPS 【傑作昭和レーシングマシン列伝】其の2:世界を震撼させたホンダフォアの誕生(後編) 「これもセロー?」 海外で販売される仲間たち 【CLOSE UP!】HELSTONS ドゥ レース レザージャケット 2019年夏ごろ登場予定! クロスカブ・くまモンバージョンが発売決定! TRIUMPH ストリート系2モデルがさらに進化! 【NEW MODELS】KAWASAKI Ninja1000 グリーン復活
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP