トピックス

“参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB オーナーズミーティング〜

△MotoGPや鈴鹿8耐が開催されるレーシングコースを隊列を組んで走る人気プログラム、「CB オーナーズパレードラン」の様子

バイクイベント情報ホンダを代表するシリーズが集合!

開催日:6月3日(日)、7月8日(日)ほか

参加費:無料(有料プログラムあり)

問CB Meeting運営事務局

E-mail:cb-meeting@spirit.honda.co.jp

URL:http://www.honda.co.jp/cbmeeting/

CBオーナーの輪が広がる

1959年登場のベンリイCB92スーパースポーツ以来、日本を代表するスポーツバイクとして高い人気を誇るCBシリーズ。そんなCBのオーナーだけが参加できるのがこの「CBオーナーズミーティング」。毎回多くのCBオーナーが集合し、昨年11月には10回目の開催を迎えた人気イベントだ。

今年はツインリンクもてぎと鈴鹿サーキットに加えて、富士スピードウェイでも開催される。この3会場のプログラムは未定だが、例年どおりであればサーキットのパレードランやスペシャルゲストが登場するステージイベント、素敵な商品がもらえるじゃんけん大会などが実施されるはずだ。CBを存分に楽しめるこのイベント、オーナーなら参加しない理由は見当たらない!

■関東エリア

開催日:6月3日(日)※予定

会場:ツインリンクもてぎ 栃木県芳賀郡茂木町大字桧山120-1

■中部エリア

開催日:7月8日(日)※予定

会場:富士スピードウェイ 静岡県駿東郡小山町中日向694

開催日:今秋開催予定

会場:鈴鹿サーキット 三重県鈴鹿市稲生町7992

 

◁一口に「CBシリーズ」と言っても下はCB50Sから上はX4(CB1300DC)まで募集対象機種は90モデル以上! まさしく老若男女のオーナーが"CB"の旗の下に集うのだ

 

 

 

 

 

◁会場のゲートがオープンするやいなやコース内へ次々と吸い込まれていくCBの車列。60年近い歴史があるブランドだけに関係者も驚くようなレア車も時折登場する!

 

 

 

◁CBオーナーズミーティングでの恒例となっているのがこの「一本橋チャレンジ」。バランスを取りながら最もゆっくり走った人が優勝だ

 

 

 

 

◁CBオーナーズミーティングへの参加条件は「国内、海外問わず、CBシリーズを所有し、イベント当日はCBに乗って参加できること」。単一シリーズのバイクが広い駐車スペースを埋め尽くすほど大量にそろうのは圧巻の一言だ

 

 


△継続は力なり。14年6月の第1回から10回を重ね、会場によっては1000人単位の参加者が集まる名物イベントへと成長してきたのだ

 

※参加にはウェブサイトから事前申し込みが必要

※イベント当日はバイクでの参加が条件(違法改造車は不可)

※対象車など詳細はウェブサイトまで

 

 

 

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEW MODELS】HONDA X-ADV
  2. GOLDWIN GSM22714 GWS Gベクター プロ…
  3. 【NEW ITEMS】SHOEI EX-ZEROシリーズ 12月…
  4. 【RACE】2018年のMotoGPは 3月18日(日)にカター…
  5. 【NEWS】ワールドインポートツールズが本日再始動!
  6. 【NEWS】2年ぶりに関西地区で ナンカイライダーズmeetを開…
  7. 歴史を彩った名車シリーズ HONDA CB72 Type-1
  8. 徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しま…

旅に出よう!

おすすめ記事

本日8月10日は「ブレーキパッドの日」って知っていましたか? 【CLOSE UP!】WILD WING WWM-0003 スワロー 【好評発売中!】 HONDAスーパーカブメモリアル 「楽」を楽しむ情報満載!「快適」研究所〜春夏を快適に過ごすためのウエア選び〜 【ライダーおすすめ宿】カイザーベルク御宿・月の砂漠 【NEW MODELS】MV AGUSTA BRUTALE 800 RR AMERICA 【NEW ITEMS】ALPINESTARS SP X AIR LEATHER JACKET 「楽」を楽しむ情報満載!「快適」研究所〜足着き改善ブーツをテスト〜 【NEW MODEL】YAMAHA TRACER900/GT ABS 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part2〜

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP