トピックス

【NEWS】2017年のトライアンフ車の国内登録台数が 過去最高となる1876台を記録

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、17年に国内で登録されたトライアンフ車が初めて1800台を超え、2年連続で過去最高となる1876台に達したと発表した。また、12月の登録台数は前年比で167%という大幅な伸びを記録し、初の200台超えとなる211台となった。

販売好調の要因について同社は、「ブランド認知力の向上」、「新車攻勢」、「販売店網の刷新」という3つの戦略方針を挙げている。中でもブランド認知力の向上と新車攻勢に貢献したのが、新型ストリート・トリプル。最上級仕様のRSが販売の大半を占め、スポーツイメージの向上や収益性強化にも貢献したという。

同モデルは、搭載されるエンジンをベースとしたレーシングユニットが19年からFIM Moto2クラスに供給されることもあり、非常に高い注目度と評価を得た。加えてボンネビル・ボバーの人気も高く、想定の3倍の売れ行きを見せているとのことだ。

同社は18年もこの3つの戦略方針を強化しつつ、それぞれの分野で成長に合わせてレベルアップした施策を展開していくとしている。

 

(text●片倉義明)

関連記事

  1. 歴史を彩った名車シリーズ MOTO GUZZI Le Mans …
  2. 【新刊情報】MCクラシック6号、好評発売中!!
  3. 【NEWS】マーチエキュート神田万世橋にカワサキのショールームが…
  4. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB…
  5. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  6. 【NEW ITEMS】SHOEI EX-ZEROシリーズ 12月…
  7. 4連覇を目指すヤマハチームの鈴鹿8耐イベント
  8. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW MODELS】MV AGUSTA BRUTALE 800 RR AMERICA 【速報】ホンダブースは新型車が目白押し 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史① かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(前編) 【NEW ITEMS】YAMAHA BIKINI COWL ホンダ・ゴールドウイングが17年ぶりにフルモデルチェンジ 【NEW MODEL】CBR1000RR/SP/SP2 【バイク用品 LONG TERM TEST】MRA X-creen Sport 【NEWS】鈴鹿2&4レースの冠スポンサーが決定 “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB オーナーズミーティング〜

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP