試乗インプレッション

ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(前編)

250ccの魅力的なロードスポーツモデルが続々登場する中、2017年春にスズキが投入したのが、スポーティなデザインと扱いやすい走りを両立したGSX250R。まずそのデザインに興味持った“とっきー”ことときひろみさんは、細部をじっくりと観察! 試乗後にどんなコメントが飛び出すのか、とても楽しみだ。

まとめ●モーターサイクリスト編集部 photo●真弓悟史

 


■とても扱いやすくていい!!

「スタイリッシュで格好いいです! サイドカウルが重ねられたデザインになっているのも好きですね」

プライベートではGSX-R750に乗るときひろみさん、同じ「GSX」を冠するモデルとのファーストコンタクトは好印象。実車を前にそういって目を輝かせた。  GSX250Rは、それまでスタンダードモデルとしてラインアップされてきたGSR250のコンポーネントをベースとしながら、スポーティなフルカウルをまとったモデルだ。GSR250にはそのフルカウル版である「GSR250F」という派生モデルもラインアップされていたが、その「F」よりもGSX250Rのほうが車重は11kg 軽い。

軽量な車体は取り回しもしやすい。市街地をひとまわりしたあと、開口一番「本当に扱いやすいですね。色んな用途に使えそうだけど、私ならあえて高速を使わないでツーリングに出かけてみたいな」と、ときひろみさん。ベースとなったGSR250も好きなモデルだったということで、GSX250Rとも相性はいいようだ。

各社がスポーティな250ccモデルをラインアップする中で、デザインはスーパースポーツ「GSX-R」のイメージを受け継ぎつつ、しかも「乗りやすい」というのがまさに特徴。そのポイントを早くも押さえたときひろみさん、すぐまた走りだそうとしている。一体今日はどこまで走りに行くのだろうか!?

 

 

 

ときひろみ

●TV出演、イベントMCなどで大活躍中のタレント。愛車は750ccのスーパースポーツや、700ccのネイキッドなど多数。日本サイドカーレース協会主催のレースにパッセンジャーとして参戦するという一面も!

 

 

SUZUKI GSX250R

開発コンセプトは「アーバンアスリート」。スタンダードモデルとして定評のあったGSR250から基本構成は踏襲しつつも、エンジンはフリクションの低減など改良を行い低中速域がさらに扱いやすい特性に。車体面はレイヤード構造のカウルやシャープな形状のテールカウル、前後別体式シートなどを採用しスポーティなイメージを強調している。

 

 

→後編に続きます!


■specification

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC2バルブ ボア×ストローク:53.5×55.2㎜ 総排気量:248㎤ 最高出力:18kW<24ps>/8000rpm 最大トルク:22Nm<2.2kgm>/6500rpm 燃料タンク容量:15ℓ 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:2085 全幅:740 全高:1110 ホイールベース:1430 シート高:790(各㎜) 車両重量:178㎏ タイヤサイズ:110/80-17 140/70-17 【価格】52万7040円 【カラー】青×白、赤×黒、黒

 

(問合わせ先)

(問)スズキお客様相談室 電話0120-402-253

SUZUKI GSX250Rの詳しい情報はこちら!

関連記事

  1. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(前編)…
  2. 【NEW MODEL IMPRESSION】DUCATI MUL…
  3. 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (後編)
  4. ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(後…
  5. 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編)
  6. ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(前…
  7. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)…
  8. ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(後…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEM】BEAMSからXMAX用マフラー発売! 【NEW MODEL】KAWASAKI Ninja250/KRT EDITION 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION GRIPS 歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 900SS 【NEW ITEM】目立たないインカム MIDLAND BT GO JET/UNI 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part2〜 ゴールドウインモーターサイクル 初のPOP UP STOREがOPEN! 関西から東北から…目的地に伊豆を選ぶ“理由” 2018年で"デビュー○周年"!【CB750FOUR編】 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP