試乗インプレッション

新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (後編)

NEWMODEL IMPRESSION HONDA PCX/PCX150

走行性能、実用性、価格。そのバランスのよさから世界各国で支持されているPCXが4月にモデルチェンジ。完成度の高かった従来型のどこが改良されたのか? 初代125cc後期型に4年間乗り続けるモーターサイクリスト編集部員が、ユーザー目線でレポート! 今回は後編をお送りするぞ。

report●上野茂岐 photo●雪岡直樹)

 

 

「全方位進化」っぷりにおののく

エンジンは従来型から継承された「eSP」ユニットをさらに熟成。また変速比の変更もあって、加速力も高まっている印象で、特にスロットルをパーシャルから開けたときの付きがいいというか、イキがいい。それでいてドッと前に出るようなことはなく、PCXがテーマにしてきた“上質さ”は損なわれていない。

また街乗りからツーリングまでPCX1台でバイクライフを送るユーザーも少なくないという実情を考慮し、150には前輪のみが作動するABS仕様が設定された。おもしろいことに、ABS仕様は前ブレーキをしっかり使う“ライダーの感覚”を重視し、カチッとしたタッチにブレーキのフィーリングに造り込まれている。

こんなにも走行性能が高められているにもかかわらず、実用性はまったく犠牲になっていない(シート下収納の拡大、出し入れがしやすくなったフロントボックスなど、使い勝手に配慮した“重箱の隅をつつくような改良も行われている!)。

使い勝手のいい車体サイズもほぼそのままだし、価格は125/150ともSTD仕様で従来型から約1万3000円上昇したが“従来型並み”といえる範囲に収められている。スマートキーの採用、収納装備の改良などを考えれば、むしろお買い得とも思うワケで……。

 

2代目が登場したときは「まだ乗れる」と見送ったが、さらなる熟成を遂げたこの3代目、コレは買い換えるしかない!?と本気で悩む全方位進化ぶりである。

 

■足まわり

◀写真は125ccでブレーキは非ABSとなるが、左レバー操作で前後連動で作用する「コンビブレーキ」を従来型同様に採用。サスペンションの設定は125150とも共通となる。

 


■メーターまわり

◀メーターは反転液晶表示のデジタル式で、中央に速度計、下部に時計、燃料計、平均燃費計を表示する。

 

■シートスペース

◀シート下収納の容量は2代目25ℓ→新型28ℓへと拡大。開口部も広く使い勝手が高められている。

■テールランプ

◀スリムなリヤまわりの形状は継承しつつ、LEDテールランプは被視認性にも配慮し大型のデザインとなった。

 


■Specifications

[ ]内は150、150ABS

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:52.4×57.9㎜[57.3×57.9㎜] 総排気量:124㎤[149㎤] 最高出力:9.0kW<12ps>/8500rpm[11kW<15ps>/8500rpm] 最大トルク:12Nm<1.2㎏m>/5000rpm[14Nm<1.4㎏m>/6500rpm] 燃料タンク容量:8ℓ 変速機:無段変速式 【寸法・重量】全長:1925 全幅:745 全高:1105 ホイールベース:1315 シート高:764(各㎜) 車両重量:130[131]㎏ タイヤサイズ:100/80-14 120/70-14 【価格】34万2360円[37万3680円、39万5280円(ABS)] 【カラー】銀、赤、黒、白

http://www.honda.co.jp/PCX/

 

関連記事

  1. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)…
  2. TRIUMPHという価値「魅惑する900㏄パラレルツイン」
  3. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(前編)…
  4. ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(後…
  5. ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(後…
  6. ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(前…
  7. 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編)
  8. ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(前…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEMS】DAYTONA 2STYLE GRIP DRIVER 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰ってきた! 【NEW ITEM】GAERNE SG-12 【ワインディングニッポン】ビーナスライン(長野県) 【NEW MODEL】HARLEY-DAVIDSON SPORT GLIDE JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集めてみました 〜ロードリングで航海に出るの巻〜 徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しませてくれるのか? 【NEW MODEL IMPRESSION】DUCATI MULTISTRADA 1260S ツーリングで立ち寄りたい!全国夏グルメ16選! “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜バイクやクルマからレーシングマシンまで・・・Enjoy Honda 2018〜

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP