バイク

【NEW MODEL】待望の大型単気筒、遂に発売!! 『SVARTPILEN 701』

ハスクバーナ・モーターサイクルズは、2018年から展開を開始している「リアル・ストリート」モデルのラインアップを拡充し、「SVARTPILEN 701」の発売を6月中に開始する。

ハスクバーナのリアル・ストリートモデルと言えば、「VITPILEN(ヴィットピレン)」と「SVARTPILEN(スヴァルトピレン)」、それから「SUPERMOTO(スーパーモト)」がある。
ヴィットピレンにはそれぞれ400ccクラスと700ccクラスの2種類があるのに対し、スヴァルトピレンは400ccクラスの1種類だけだった。

そこに新たに加わるのが、今回のSVARTPILEN 701だ。

158.5kgという軽い車体に搭載されている692.7cc水冷4ストローク単気筒エンジンが発生させる強大なパワーと、フロントタイヤは18インチホイール、リアタイヤが17インチホイール採用とその乗り味は想像がつかないが、ライダーを楽しませてくれることは確かだろう。

タイヤはオンロード・オフロードどちらもこなすセミブロックタイヤ。
ブレーキはBrembo製、Bosch社のABSだけでなくトラクションコントロールも装備されているため卓越した制動力と安全性を約束してくれる。

●WP製フロントフォークのトップ部分には手動式減衰力調整つまみがある


 

主要概要


●メーカー希望小売価格:135万5000円(税込)
●エンジン型式:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
●総排気量:692.7cc
●最高出力:55kW(74hp)/8500rpm
●最大トルク:72Nm/6750rpm
●変速機:6速
●タイヤF/R:110/80-R18″/160/60-R17″
●ホイールベース:1436±15mm
●シート高:835mm
●燃料タンク:約12L
●車輌重量:約158.5kg(燃料除く)
●保証期間:2年間
●生産国:オーストリア
※主要諸元はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。

ハイライト
●シンプルかつ斬新なデザイン
●クロームモリブデン鋼トレリスフレーム
●市場で最も進化したシングルシリンダーエンジン
●高品質の各部品とテクノロジーを標準装備
●ライド・バイ・ワイヤースロットル
●最先端の切り替え可能なABS
●スリッパークラッチ
●クイックシフター(アップ/ダウン)
●幅広いハスクバーナ純正アクセサリーラインアップ

●SVARTPILENに合わせて発売されたヘルメット。独特なデザインだ


 


 

ストリートダートトラッカースタイルのこの車両。
オンロードのツーリングからフラットダートへの進入が可能とツーリングの幅が広がるはずだ。
全国のハスクバーナ正規店で取り扱われるそうだが、ヴィットピレンシリーズと同様に入荷台数はそう多くないのが予想される。
悩んでいる暇はない、ハスクバーナ正規店へ急ぐのだ!
 

CONTACT

問い合わせ先 Husqvarna Motorcycles Japan
URL https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  2. まだまだある、新型のこだわり YZF-R25開発陣インタビュー(…
  3. 【NEW MODEL】CB1100/EX/RS
  4. トライアンフの2019年モデルにモダンテイストなNEWカラーが追…
  5. 遊び心満載のモンキー125に鮮やかな新色が追加!!
  6. 【NEW MODEL】YAMAHA MT-25/03
  7. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  8. 【NEW MODEL】YAMAHA TRACER900/GT A…

旅に出よう!

おすすめ記事

【バイク熱狂時代は永遠に:2】そこには守るべき“ルール”があった……高校生が見た1980年代の峠の世界 【時代を駆け抜けたバイクたち8】KAWASAKI ESTRELLA・DUCATI SCRAMBLER 【平成バイク大図鑑2】ゼファーに端を発するネイキッドモデルの台頭 【新刊情報】MCクラシック6号、好評発売中!! マンネリ化した箱根ツーリングに新提案 いま、KYMCOバギーがアツいっ!! 2018年で"デビュー○周年"!【SR&STEED&ハーレー編】 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰ってきた! 果たして燃費は? スーパーカブ110に乗って、銚子まで200kmツーリング! 【カタナヒストリー】カタナはなぜ”名車”に成り得たのか。初代から新型までを振り返る 【NEW ITEM】BEAMSからXMAX用マフラー発売!
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP