バイク

【NEW MODEL】本格派125ccモタード、アプリリア・SX125が発売! 先行予約キャンペーンも展開

ピアッジオグループジャパンが、125ccエンジンを搭載した本格派モタードモデルのSX125の受注を2019年1月25日より開始する。

SX125は2018年3月より販売を開始したRX125をベースにしたモタードモデル。
エンジンは水冷DOHC4バルブ単気筒を搭載し、排気量124ccから15馬力を発生。ベースとなったRX125よりもエンジン完成度が引き上げられており、高回転域での感動的な加速フィールと、刺激的な乗り味を実現している。

車両本体価格は税込で41万400円、ボディカラーのラインアップはブラックドリフト1色となっている。
国内出荷は2019年3月上旬ごろから順次行われる予定。

 

●フロントホイールは2.50×17、リヤホイールは
3.50×17。タイヤサイズはフロント100/80-17、リヤ130/70-17。

 

●メーターは視認性に優れるデジタルメーターを採用。スピードメーターやタコメータだけでなく、トップスピードメモリー、バッテリー電圧計、トラベルダイアリー機能も内蔵している。

 

 

1万円の商品クーポンが当たる先行予約キャンペーンも展開!

今回の発売にあわせ、SX125およびRX 125を正規販売店で成約した人のなかから抽選で10名に、アプリリア公式オンラインストアで使える1万円分の商品クーポンが当たるキャンペーンを実施している。

対象モデル:SX125、RX125の新車
対象期間:2019年1月25日(金)~2019年2月28日(木)
対象人数:対象モデルを期間中に予約した人のなかから抽選で10名
プレゼント内容:アプリリア公式オンラインストアにて購入できる商品1万円分(税込)のクーポン

 

 

主要諸元

車両:アプリリア SX125
エンジン:4ストローク 水冷単気筒 DOHC 4バルブ
総排気量:124.2cc
ボア×ストローク:58mm × 47mm
最高出力:11kW(15HP)/1万700rpm
最大トルク:11.3Nm/8000rpm
燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム、マレリ製Φ32mmスロットルボディ
点火方式:電子制御イグニッションシステム
潤滑方式:ウェットサンプ
始動方式:セルフ式
トランスミッション:6速リターン
クラッチ:湿式多板クラッチ
フレーム:ツインチューブスチールフレーム
サスペンション:(F) Φ41mm テレスコピック倒立フォーク
サスペンション:(R)スチール製スイングアーム、プログレッシブリンク式モノショック
ブレーキ:(F) Φ300mm ステンレスディスク、フローティングキャリパー/(R) Φ200 mm ステンレスディスク、フローティングキャリパー
ABS:ボッシュ製9.1ML
ホイール:(F)2.50 x 17/(R)3.50 x 17
タイヤ:(F) 100/80-17/(R) 130/70-17
シート高:880mm
車両重量:134Kg
燃料タンク容量:6.2L
ボディカラー:ブラックドリフト
生産国:中国

車両本体価格:41万400円(税込)

 

 

CONTACT

問い合わせ先 ピアッジオコール
電話番号 03-3453-3903
URL aprilia-japan.com

関連記事

  1. 【NEW MODEL】KAWASAKI Ninja250/KRT…
  2. 【NEW MODEL】YAMAHA TRACER900/GT A…
  3. 【伝説の名車、再び】新型カタナは生まれるべくして生まれた!?(前…
  4. 性能は?装備は?何がどう違う? 現行スーパーカブ早分かり最新版!…
  5. 【NEW MODEL】KTM 790DUKE
  6. 【NEW MODEL】YAMAHA BOLT R SPEC AB…
  7. HONDAとYAMAHA オフロード競技車の2019年モデルが受…
  8. 【NEW MODEL】ROYAL ENFIELD HIMALAY…

旅に出よう!

おすすめ記事

日本人体型にフィット! ALPINESTARSのNEWジャケット 【NEWS】2017年の国内の二輪車販売台数は 前年比微増の38万3612台となる ホンダが新型軽バン「N-VAN」発売 【NEW MODELS】KAWASAKI Ninja1000 グリーン復活 【EVENT】11月25日(日)にトライアンフがイベントを開催! CB125R/CB250Rの快適性向上にはこれ! HURRICANEのおすすめアイテム8点 【NEW MODEL】BMW K 1600 Grand America 【バイクで夏旅】夏こそツーリングで北東北へGO!(津軽半島編) 匿名係長 第1回 BMW R1200GS(空冷最終型)の巻 【絶景を求めて】バイクと写す、伊豆の壮観
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP