バイク

新型がついに出るぞ! スーパーカブC125は9月14日発売決定!!

■ホンダ・スーパーカブC125、詳細が明らかに!!

初代のデザインを巧みにアレンジしたデザインで東京モーターショーに「市販予定車」として登場し、大注目を集めたスーパーカブC125がデビュー間近。初代“C100”から歴代カブを知るビンテージバイク専門誌『モーターサイクリストクラシック』編集長がその試作車に触れた印象を語ってくれた!

report●阪本一史(モーターサイクリストクラシック)photo●岡 拓


■スーパーカブC125、価格39万9600円、発売日9月14日!!

昨年秋の東京モーターショーで参考出品車として披露され、注目を集めたスーパーカブC125。その時点でも市販に近いモデルとして、カブファンの間で、その詳細や価格、登場時期などに関心が寄せられたが、ついに詳細が発表された。すでにホンダの販売店へ予約に駆け込もうかという方もいるかもしれないが、短時間ながら触れられたC125の第一印象についてお伝えしたい。

参考出品車での登場時から初代スーパーカブ「C100」を彷彿とさせるフォルムが注目を集めたが、それは市販化でもしっかりと具現化された。同車の開発責任者(LPL)の勝田さん、デザイン担当の立石さんも口をそろえて言うのは、東京モーターショー時点の仕様から、大きく変わったところはないとのこと。

●LPLの勝田淳平さん(左)とデザイン担当の立石康さん。「C125開発のキーワードは上質感です。我々がタイの現地スタッフと検討を重ね、練り込んだパーソナルモビリティとしての新たなスーパーカブを、是非味わってください」。

 

「細部の材質などは若干見直していますが、ショー出品車からの主な変更点は、ステップラバーの厚みとデザイン、シフトペダルとブレーキペダルの踏面のサイズとデザインを変更した程度です」(勝田さん)。

 

振動面での対策や、操作の上質感などを重視しての変更のようだが、そもそも東京モーターショーへの出展時点で、形だけでなく機能性の面でのテストも重ねていたというから、この約半年間はあくまで最終の熟成期間だったということになろう。実際に公道登録前のC125に短時間試乗する機会をもらえたが、乗って感心したのは、走り出すときの上質感、スーパーカブ110とは異なる確かなトルク感、そして滑らかながら節度のあるシフトチェンジのフィーリングなどだ。

ヘッドパイプまわりの構成部品やエンジンハンガー部のチューニングで、110ベースから剛性アップを図ったフレームも一段上質な衝撃のいなし方で、フロントで10㎜、リヤで19㎜ストロークアップしたサスペンションもそれに貢献しているだろう。

試乗場所となったのは「ホンダコレクションホール」の中庭に設けられた外周路で、4速トップにはなかなか入らなかったが、一般道に乗り出しても交通の流れに余裕で対応できるだけの性能を確保しているようだ。そしてエンジン設計出身の勝田さんが、パワー特性で目指したのは、以下の3点だという。

①60㎞/hでゆったりと余裕で流せる性能

②発進のタイヤのひと転がり目をスムーズに感じる特性

③60㎞/h巡航からの加速する場面ではっきりとした速度の乗りを感じられること

なるほど、どれもが実際に期待に違わぬ性能を有していることは、この短時間試乗でもしっかり伝わってきた。公道デビューの日が楽しみだ。

 


 

■C100をリスペクトしたフォルム

●初代C100と60年後に生まれたC125。初代をリスペクトしてデザインされた鳥が翼を広げた形状のハンドル、フロントフォークまでを一体としたユニットステアなど、現代の高級版C100にふさわしいフォルムを具現化している。

 

■中高速で伸びのあるエンジン

●タイでの人気コミューター「ウェーブ125」をベースに、中高回転での伸びのある加速感を盛り込んだエンジン。4000回転~6000回転といった常用域からのストレスのない加速を入念に追求したという。

 

■上質なシフトフィール

●シフトフィール向上のためのシフトドラムベアリングを採用(110も同様)したほか、同車ではシフト音低減のためのシフトアームラバー採用、シフトショック低減をねらったクラッチダンバーラバーの最適化などで、上質な変速タッチを実現した。

 

■リヤキャリア&タンデムステップは日本専用品

●コンパクトなリヤキャリヤは日本向け専用装備。ほかにふたり乗り対応のタンデムステップも日本専用部品。タイを始めとするアセアン地域では“上級モデル”という立ち位置を明確にするため、最初からひとり乗り仕様としてリリースされるという。

 

■スタイリッシュなメーターまわり&スマートキーシステム

●クロームのダブルリングで分けられたメーターは、外側にアナログ表示と警告灯類、内側をデジタル液晶表示とするスタイリッシュなデザイン。そのほか、キーをポケットから取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠が可能なスマートキー・システムも、同車の注目ポイントだ。

 


■スーパーカブC125主要諸元

■エンジン空冷4サイクル単気筒OHC2バルブ ボア・ストローク52.4✕57.9㎜ 圧縮比9.3 排気量124cm3燃料供給装置:電子制御燃料噴射 点火方式フルトランジスタ始動方式セル

■性能 最高出力7.1kW<9.7ps>/7500rpm最大トルク10Nm<1.0kgm>/5000rpm

■変速機 4段リターン(停止時のみロータリー)変速比①2.500 ②1.550 ③1.150 ④0.923一次減速比3.363 二次減速比2.571

■寸法・重量 全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245シート高780(各㎜)キャスター26°30′ トレール71㎜ タイヤサイズF70/90-17 R80/90-17車両重量110㎏

■容量 燃料タンク3.7ℓ

■車体色パールニルタバブルー

■価格 39万9600円(税込)

 

スーパーカブC125のホームページはこちら!!

 

 

関連記事

  1. 【NEW MODEL】TRIUMPH SPEED TRIPLE …
  2. 【NEW MODEL】KAWASAKI Ninja250/KRT…
  3. 【新刊情報】MCクラシック09号発売中!!
  4. 【NEW MODELS】SUZUKI GSX-R750
  5. TRIUMPHという価値「さらに進化した道を選ばぬ相棒(TIGE…
  6. 【NEW MODEL】SUZUKI GSX-R125 ABS
  7. 【NEW MODELS】HONDA X-ADV
  8. 【NEW MODEL】CBR250RRがカラーリングを変更 HR…

旅に出よう!

おすすめ記事

【EVENT】NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レースの前売り券が販売開始! 【NEW MODEL】CBR250RRがカラーリングを変更 HRCワークス仕様カラーも追加! 「セローらしさ」って何だ? 初代の構造に込められた“理念” 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰ってきた! 本日8月10日は「ブレーキパッドの日」って知っていましたか? 【NEW ITEMS】ARAI VZ-RAM PLUS 【NEWS】モトGPライダー・中上貴晶選手のサイン会が開催決定!! 愛知最高峰の山麓を行く〜茶臼山高原道路の走り方〜 【NEW MODELS】KAWASAKI Z900RS 19年モデルが登場! 【NEW ITEM】ガーミンよりバイク専用ナビ「zumo396」が発売
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP