バイク

性能は?装備は?何がどう違う? 現行スーパーカブ早分かり最新版!

1958年の初代登場以来、バイクの範疇(はんちゅう)を超えてビジネスにレジャーに世界各国で連綿と愛され続けてきたスーパーカブシリーズは、近年その魅力が見直されると同時にバリエーションもますます充実している。
今回は現在日本で手に入るモデルを紹介しよう。
 

スーパーカブC125

●パールニルタバブルー


●パールカデットグレー

ポイント
①シリーズ最強となる9.7馬力エンジン
②キャストホイール+チューブレスタイヤ

 

世界生産累計台数1億台を達成した2017年の東京モーターショーで、初代C100をモチーフにしたコンセプトモデルとして登場。18年に市販化された。
国内向けカブとしては初となるフロントディスクブレーキや、フルLED化された灯火類を採用。速度計はアナログ表示で、液晶部には燃料残量や時刻、オド・トリップ、ギヤ段数が表示される。
新色のグレーは6月21日発売。

●スマートキーによりイグニッションのオンオフ、ハンドルロックやシートロック解除も簡単

●価格:39万9600円 ●重量:120kg ●全長×全幅:1915×720mm ●シート高:780mm ●タイヤサイズ:F・70/90-17 R・80/90-17 ●最高出力:7.1kW[9.7ps]/7500rpm ●最大トルク:10Nm[1.0kgm]/5000rpm ●燃費:60km/h 定地69.0km/l WMTCモード値66.1km/l ●燃料タンク容量:3.7l ●航続距離※:244.6km
※より実走行に近いとされるWMTCモード値と燃料タンク容量を単純計算して導いた満タンあたりの理論上の航続距離

 


 

スーパーカブ110

●グリントウェーブブルーメタリック


 

ポイント
①100kgを下回る軽量車体に8.0馬力
②二段階右折は不要
③深みのある青色を設定

伝統のデザインを復活させて17年11月から発売された現行型は、LEDヘッドライトが採用されたほかにエンジン周りも改良。
交換式オイルフィルターや熱間時におけるシリンダーの歪みを抑えるスパイニースリーブの採用、シフトフィーリングの向上が図られている。

●価格:27万5400円 ●重量:99kg ●全長×全幅:1860×695mm ●シート高:735mm ●タイヤサイズ:F・70/90-17 R・80/90-17 ●最高出力:5.9kW[8.0ps]/7500rpm ●最大トルク:8.5Nm[0.87kgm]/5500rpm ●燃費:60km/h 定地62.0km/l WMTCモード値67.0km/l ●燃料タンク容量:4.3l ●航続距離:288.1km

 


 

クロスカブ110/・くまモンバージョン

●パールシャイニングイエロー


 

ポイント
①迫力ある17インチのセミブロックタイヤ
②個性的な4色がそろう
③ヒートガード付きマフラーの外観もスタイリッシュ

スーパーカブから派生した新感覚レジャーモデルの2代目となる現行型は18年2月発売。
LEDヘッドライトを新採用、タンデムステップが装着されて2人乗り可能になり、ハンドルバーの高さや幅も見直されてより扱いやすくなった。
今年3月には50ともどもカラーバリエーションを変更し、くまモンバージョンも追加。

●くまモンバージョンはくまモンのエンブレムが装着されキーも専用。サイドカバーには” 足跡”をあしらう

●価格:33万4800円(くまモンバージョンは34万5600円) ●重量:106kg ●全長×全幅:1935×795mm ●シート高:784mm ●タイヤサイズ:F・80/90-17 R・80/90-17 ●最高出力:5.9kW[8.0ps]/7500rpm ●最大トルク:8.5Nm[0.87kgm]/5500rpm ●燃費:60km/h 定地61.0km/l WMTCモード値66.7km/l ●燃料タンク容量:4.3l ●航続距離:286.8km

 


 

スーパーカブ50

●パールシャイニングイエロー


 

ポイント
①30km/h定地燃費は驚愕の105km/L!
②シリーズ内で最安値
③ビビッドな黄色も選べる

原付免許、もしくはクルマを運転可能な普通自動車免許を持っていれば気軽に乗ることができる50cc版(クロスカブも同様)は、110と同様の変更を受けて17年11月より発売スタート。
110との主だった相違点は排気量とタイヤサイズ、カラーバリエーション程度で、走りもスペックから想像するよりもはるかに活発。

●価格:23万2200円 ●重量:96kg ●全長×全幅:1860×695mm ●シート高:735mm ●タイヤサイズ:F・60/100-17 R・60/100-17 ●最高出力:2.7kW[3.7ps]/7500rpm ●最大トルク:3.8Nm[0.39kgm]/5500rpm ●燃費:30km/h 定地105.0km/l WMTCモード値69.4km/l ●燃料タンク容量:4.3l ●航続距離:298.4km

 


 

クロスカブ50/・くまモンバージョン

●グラファイトブラック ※写真はくまモンバージョン


 

ポイント
①14インチタイヤを採用
②110よりも44mm低い座面
③薄めのシートで精悍さも演出する

110が現行型に切り替わった際に新投入された50cc版は小径ホイール採用し、シートも専用品にして足着き性に配慮。タイヤは一般的なものだ。
ハンドルバーやスイッチはプロと同タイプで110よりも幅が狭く、ウインカースイッチも右側。
ステップも固定式になる。

●価格:29万1600円(くまモンバージョンは30万2400円) ●重量:100kg ●全長×全幅:1840×720mm ●シート高:740mm ●タイヤサイズ:F・70/100-14 R・80/100-14 ●最高出力:2.7kW[3.7ps]/7500rpm ●最大トルク:3.8Nm[0.39kgm]/5500rpm ●燃費:30km/h 定地94.0km/l WMTCモード値69.4km/l ●燃料タンク容量:4.3l ●航続距離:298.4km

 


 

スーパーカブ50/110プロ

●セイシャルナイトブルー※写真は110プロ

ポイント
①ビッグなフロントバスケットを標準装備
②キャリヤもシートも大型
③頑健さを増す改良多数

ビジネス用途向けにフレームマウントの大型フロントバスケットや大型リヤキャリヤ、強化サイドスタンド、パーキングレバーなどの専用装備を多数採用。
荷重の増加に対応してギヤ比もスタンダード版より低めに設定されており、低中速域で力強い走りを見せる。

スーパーカブ110プロ
●価格:29万7000円 ●重量:109kg ●全長×全幅:1860×720mm ●シート高:740mm ●タイヤサイズ:F・70/100-14 R・80/100-17 ●最高出力:5.9kW[8.0ps]/7500rpm ●最大トルク:8.5Nm[0.87kgm]/5500rpm ●燃費:60km/h 定地65.0km/l WMTCモード値67.0km/l ●燃料タンク容量:4.3l ●航続距離:288.1km

スーパーカブ50プロ
●価格:25万3800円 ●重量:108kg ●全長×全幅:1860×720mm ●シート高:740mm ●タイヤサイズ:F・70/100-14 R・80/100-14 ●最高出力:2.7kW[3.7ps]/7500rpm ●最大トルク:3.8Nm[0.39kgm]/5500rpm ●燃費:30km/h 定地93.0km/l WMTCモード値69.4km/l ●燃料タンク容量:4.3l●航続距離:298.4km

 


 

スーパーカブ50/110・ストリート

●ハーベストベージュ※写真は50・ストリート

●ボニーブルー※写真は110・ストリート

 

ポイント
①2019年6月30日までの受注販売
②メーターや、エンブレムシートもキーも特別仕様

レッグシールドを車体と同色にして、エンジンやスイングアーム、チェーンケースなどを黒にした特別仕様。
モノグラムデザインを採用したシートは歴代スーパーカブに採用された様々なロゴなどを模式化した図案があしらわれている。

●シートに加えてキーも歴代カブのロゴがあしらわれた専用品。マニアでなくても欲しくなる

スーパーカブ110・ストリート(2019年6月30日までの受注期間限定モデル)
●価格:28万6200円 ●重量:99kg ●全長×全幅:1860×695mm ●シート高:735mm ●タイヤサイズ:F・70/90-17 R・80/90-17 ●最高出力:5.9kW[8.0ps]/7500rpm ●最大トルク:8.5Nm[0.87kgm]/5500rpm ●燃費:60km/h 定地62.0km/l WMTCモード値67.0km/l ●燃料タンク容量:4.3l ●航続距離:288.1km

スーパーカブ50・ストリート(2019年6月30日までの受注期間限定モデル)
●価格:24万3000円 ●重量:96kg ●全長×全幅:1860×695mm ●シート高:735mm ●タイヤサイズ:F・60/100-17 R・60/100-17 ●最高出力:2.7kW[3.7ps]/7500rpm ●最大トルク:3.8Nm[0.39kgm]/5500rpm ●燃費:30km/h 定地105.0km/l WMTCモード値69.4km/l ●燃料タンク容量:4.3l ●航続距離:298.4km

 

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!


スーパーカブC125で東京湾「無数の島」を走る!!


【NEW ITEMS】プロテックからカブ系共通シフトポジションインジケーター発売!!


【スーパーカブで楽しむツーリング】カブ下道紀行:廃墟探訪、鬼怒川温泉と足尾銅山

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEW MODELS】TRIUMPH THRUXTON 120…
  2. 【NEW MODEL】YAMAHA MT-25/03
  3. 【NEW MODEL】待望の大型単気筒、遂に発売!! 『SVAR…
  4. 匿名係長 第3回 ヤマハ SR400/500の巻
  5. 匿名係長 第6回 ドゥカティ1199パニガーレの巻(後編)
  6. 【NEW MODEL】KAWASAKI H2 SX/SX SE
  7. 街中からサーキットまで難なくこなすハイクオリティバイク「YZF-…
  8. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…

旅に出よう!

おすすめ記事

「セローらしさ」って何だ? 2代目に引き継がれた理念 一度使ったら手放せない!!  快適ツーリング必須アイテム デジタルガジェット編 【NEW ITEMS】プロテックから「モンキー125/ABS」専用デジタルフューエルマルチメーターが登場!! 【NEW MODEL】YAMAHA MT-09/SP ABS 追悼:日本モータースポーツ文化の礎を築き逝った昭和のレジェンドライダーたち 【NEW ITEMS】Alpinestars DYNO v2 LEATHER JACKET 【NEWS】赤いモンスターマシンは通常の3倍の速さ!? 916を想起させるカラーリングのパニガーレV4が限定販売! 【キャンペーン】ABUSロックのサマーキャンペーンが開催中!! 旅にも合う「YOSHIMURA Slip-Onマフラー」 匿名係長 第1回 BMW R1200GS(空冷最終型)の巻
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP