ムービー

なにを鳴らしてみる? 置いたものをスピーカーに変えるアイテムが登場!

骨伝導デバイスで、置いたものをスピーカーに変える!?

 

「あ、これは面白い!」

と素直に思ってしまう製品は、世の中にたくさんあるものです。なかでも目からウロコが落ちるようなアイデアの製品は、どういうわけか購入意欲をそそられてしまいますよね。

今回紹介の「docodemoSPEAKER SP-1」は、思わず色々な場所、いろいろなもので試してみたくなるアイテム。なんとこれ、置いたものに振動を伝えることで、そのものがスピーカーと鳴ってパワフルに鳴り出すというものなんです。

 

手のひらサイズのコンパクトなボディが素晴らしい重低音を生み出す!

dokodemoSPEAKERのサイズは直径約77㎜×高さ54㎜。そのコンパクトなボディの中に、直径約52㎜の振動デバイス(骨伝導デバイス)を搭載しています。

なんとこの振動デバイスは100W級のホームオーディオと同等の重低音サウンドを発生させるほどに強力。独自の骨伝導技術が迫力のあるサウンドを奏でるというのです。

電源は充電式で、フル充電状態で最大約8時間も音楽を楽しむことができるのです。音楽自体はBluetooth接続でOKなので、これ一個あればツーリングキャンプの夜などの楽しいお供になりそうですね。

 

なにを鳴らすかはあなた次第!

 

dokodemoSPEAKERは、単体ではほんの小さな音しか鳴らせません。

だからこそ面白いのです。ツーリング先のベンチで、机で、道具を入れるケースで……。なにがどんな音色を奏でるのか、それは取り付けてみないとわからないからです。試行錯誤をしながらいい音が鳴る素材を探したりするのも、このアイテムの楽しさのひとつといえるでしょう。

なお、意外と鳴るのがダンポールだそうな。ほかにも、手で叩いてよく音が鳴る素材は、いい音が鳴る傾向が強いそうです。

バイクや自動車のツーリングのお供に、dokodemoSPEAKERはいかがでしょう!?

↓こちらは実際に鳴らしている動画です。意外といろいろなもので鳴らせるんですね!


 

 

docodemaSPEAKER SP-1

 

サイズ:(直径×高さ)約77mm×54mm

重量: 約360g

カラー:Misty Gray White

接続方法:Bluetooth(ワイヤレス)/3.5mmステレオミニプラグ (AUDIO IN)

電源:充電式リチウムイオン電池

充電時間:約3時間

充電方法:マイクロUSBケーブル

連続再生時間:約8時間

デバイス:骨伝導デバイス

Bluetooth Version:Ver4.1

最大通信距離:見通し距離約10m

Profile/Codec: A2DP, AVRCP/SBC

使用周波数帯:2.4GHz 帯

同梱品(数量):充電用マイクロUSBケーブル (1)/●保証書・取扱説明書(1)/●簡単操作ガイド (1)/●キャリングポーチ(1)

価格:オープン

dokodemoSPEAKERの詳しい情報はこちら!

 

 

 

関連記事

  1. 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 スズキ…
  2. 【モーサイチャンネル】ときひろみの「私に乗せなさい!」ジクサーオ…
  3. 【モーサイチャンネル】RZ250R改 RZ500Rエンジン始動
  4. 【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Su…
  5. KUSHITANI 機能と気品を兼ね備えた高機動レザージャケット…
  6. 【NEW ITEMS】アクティブから各種カスタムパーツの新作がリ…
  7. 大人気アニメゆるキャン△の、「リンちゃんのサイドバッグ」がついに…
  8. 【NEW ITEMS】AGV X3000

旅に出よう!

おすすめ記事

【東京オートサロン2019】会場の可憐なる華、コンパニオン特集! その3 【速報】ホンダブースは新型車が目白押し 【NEWS】Rナインティなどを対象とする 新しいカスタマイズプログラムを発表 【釣りツーリングに行こう!】5釣目:勝浦でタンタンメンを食し、興津東港でアジを狙う 【釣りツーリングに行こう!】2釣目:エイプ100用キャリアを自作してみる(考察編) 今買える& これから買えるカブシリーズはこんなにある!! 「ふっこう割」で行く、北海道・十勝のうまいもの巡り-1 125㏄に進化して遊べる&使える! 大きいモンキーはどうでしょう? 2019年夏ごろ登場予定! クロスカブ・くまモンバージョンが発売決定! 【NEWS】2年ぶりに関西地区で ナンカイライダーズmeetを開催!
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP