ムービー

なにを鳴らしてみる? 置いたものをスピーカーに変えるアイテムが登場!

骨伝導デバイスで、置いたものをスピーカーに変える!?

 

「あ、これは面白い!」

と素直に思ってしまう製品は、世の中にたくさんあるものです。なかでも目からウロコが落ちるようなアイデアの製品は、どういうわけか購入意欲をそそられてしまいますよね。

今回紹介の「docodemoSPEAKER SP-1」は、思わず色々な場所、いろいろなもので試してみたくなるアイテム。なんとこれ、置いたものに振動を伝えることで、そのものがスピーカーと鳴ってパワフルに鳴り出すというものなんです。

 

手のひらサイズのコンパクトなボディが素晴らしい重低音を生み出す!

dokodemoSPEAKERのサイズは直径約77㎜×高さ54㎜。そのコンパクトなボディの中に、直径約52㎜の振動デバイス(骨伝導デバイス)を搭載しています。

なんとこの振動デバイスは100W級のホームオーディオと同等の重低音サウンドを発生させるほどに強力。独自の骨伝導技術が迫力のあるサウンドを奏でるというのです。

電源は充電式で、フル充電状態で最大約8時間も音楽を楽しむことができるのです。音楽自体はBluetooth接続でOKなので、これ一個あればツーリングキャンプの夜などの楽しいお供になりそうですね。

 

なにを鳴らすかはあなた次第!

 

dokodemoSPEAKERは、単体ではほんの小さな音しか鳴らせません。

だからこそ面白いのです。ツーリング先のベンチで、机で、道具を入れるケースで……。なにがどんな音色を奏でるのか、それは取り付けてみないとわからないからです。試行錯誤をしながらいい音が鳴る素材を探したりするのも、このアイテムの楽しさのひとつといえるでしょう。

なお、意外と鳴るのがダンポールだそうな。ほかにも、手で叩いてよく音が鳴る素材は、いい音が鳴る傾向が強いそうです。

バイクや自動車のツーリングのお供に、dokodemoSPEAKERはいかがでしょう!?

↓こちらは実際に鳴らしている動画です。意外といろいろなもので鳴らせるんですね!


 

 

docodemaSPEAKER SP-1

 

サイズ:(直径×高さ)約77mm×54mm

重量: 約360g

カラー:Misty Gray White

接続方法:Bluetooth(ワイヤレス)/3.5mmステレオミニプラグ (AUDIO IN)

電源:充電式リチウムイオン電池

充電時間:約3時間

充電方法:マイクロUSBケーブル

連続再生時間:約8時間

デバイス:骨伝導デバイス

Bluetooth Version:Ver4.1

最大通信距離:見通し距離約10m

Profile/Codec: A2DP, AVRCP/SBC

使用周波数帯:2.4GHz 帯

同梱品(数量):充電用マイクロUSBケーブル (1)/●保証書・取扱説明書(1)/●簡単操作ガイド (1)/●キャリングポーチ(1)

価格:オープン

dokodemoSPEAKERの詳しい情報はこちら!

 

 

 

関連記事

  1. 【NEW ITEMS】RX-7Xにあのライダーのグラフィックが登…
  2. 【NEW ITEMS】KUSHITANI GARRISON BE…
  3. 【バイク用品 LONG TERM TEST】MRA X-cre…
  4. 【NEW ITEMS】プロテックから「モンキー125/ABS」専…
  5. 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その2】"通気性抜群"フットウ…
  6. 【NEW ITEMS】安全性とファッション性の化学反応!?イタリ…
  7. 【モーサイチャンネル】走った! 触れた! スーパーカブC125は…
  8. 【NEW ITEMS】SHOEI GT AirⅡ CROSSB…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW MODELS】新型「SWISH(スウィッシュ)」を発売 スズキ社内チーム「浜松チームタイタン」が2019鈴鹿8耐に参戦!応援サポーターに応募しよう! 【バイク熱狂時代は永遠に:2】そこには守るべき“ルール”があった……高校生が見た1980年代の峠の世界 【傑作昭和レーシングマシン列伝】其の6:近代GPを支えたヤマハパラレルツイン(後編) ホンダデザインの大転換 ~1968年から’69年にかけて起きたこととは?~ 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】04.rpm:快適ツーリングのためにETC2.0を装着するぞ! 果たして燃費は? スーパーカブ110に乗って、銚子まで200kmツーリング! 旅にも合う「YOSHIMURA Slip-Onマフラー」 【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Super4(Z1) 【おすすめ一泊旅】悠々と駆け巡る房総半島横断ツアー その2
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP