新製品

【NEW ITEM】SHOEI X-Fourteen KAGAYAMA5

MotoGPに代表される最高峰のロードレースで鍛え上げられてきた、SHOEIのレーシングフルフェイス「X-シリーズ」。
高い安全性と共に、トップカテゴリーのレースサポートから得られた最先端のノウハウを余すところなく投入し、シェル、シールド、内装、エアロデバイス、それら全てを一新。まさにREAL RACING SPECを形にした、レースで勝つためのレーシングフルフェイス、「X-Fourteen」
そんなX-Fourteenのグラフィックモデル「KAGAYAMA5」に、既存の2つのカラーに加え新色がラインナップされた。
 

 

X-Fourteen KAGAYAMA5

●価格:7万6000円(税抜)

●発売予定日:2019年7月

●規格:JIS規格、SNELL規格、MFJ公認

●サイズ:XS(53~54cm)、S(55~56cm)、M(57~58cm)、L(59~60cm)、XL(61~62cm)、XXL(63~64cm)

●構造:AIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)。強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス。軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。

KAGAYAMA5は、全日本ロードレース選手権やスーパーバイク世界選手権などで活躍している加賀山就臣選手が使用しているX-Fourteenのグラフィックレプリカモデルだ。
度重なる転倒による怪我で現役続行が危ぶまれたが、それでも現役復帰を果たしたため、加賀山選手は業界関係者の間では「鉄人」の異名をとっている。
カラーリングにはそんな鉄人の力強さが表現されつつ、和風テイストでもあり落ち着いた雰囲気で格好いい。



●カラー:TC-1(RED/BLACK) *既存カラー:TC-2(BLUE/BLACK)、TC-5(GREY/BLACK)
 

高速度のレースを前提として作られたSNELL規格と、サーキット走行に必須なMFJ公認を併せ持つためそのままサーキット走行に持っていけるのも有り難い。
チークパッド等の内装や、ブレスガード等のリペアパーツも充実しており、是非ともチェックしたい製品である。
 
 

CONTACT

問い合わせ先 SHOEI
住所 〒110-0016 東京都台東区台東1-31-7 PMO秋葉原北8F
電話番号 TEL:03-5688-5195 / FAX:03-3837-8245
URL https://www.shoei.com/

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEW ITEMS】NICOLAS MOTORCYCLE IM…
  2. 【NEW ITEMS】ARAI RX-7X SPENCER 40…
  3. 【NEW ITEMS】NOLAN N44 EVO
  4. 【NEW ITEM】SP TADAO POWER BOX FUL…
  5. KUSHITANI 機能と気品を兼ね備えた高機動レザージャケット…
  6. 【NEW ITEMS】WINS A-FORCE RS FLASH…
  7. 【NEW ITEM】VFR750R(RC30)用 テルミニョーニ…
  8. 【CLOSE UP!】SW-MOTECH レジェンドギアシリーズ…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW MODEL IMPRESSION】冒険心を満足させる2気筒アドベンチャー KTM 790 ADVENTURE/R 【NEW ITEM】目立たないインカム MIDLAND BT GO JET/UNI 2018年で"デビュー○周年"!【YZF-R1&HAYABUSA編】 【NEW MODEL】BMW K 1600 Grand America 【釣りツーリングに行こう!】3釣目:エイプ100用キャリアを自作してみる(失敗編) 【ワインディングニッポン】 八幡平アスピーテライン(岩手県・秋田県) 歴史を彩った名車シリーズ LILAC LS38 LANCER mark V 東京オートサロン2019で、敢えて二輪車関連の話題を探してみる その1 Share the view「車上の一幕」を記録に残したい! 【NEW MODEL】本格派125ccモタード、アプリリア・SX125が発売! 先行予約キャンペーンも展開
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP